多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本史の生き証人

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

日本史の生き証人

2011.04.05

 例年なら今頃、日本列島は桜の話題でもちきりである。なにしろ、天気予報に「桜前線」なるものが現れ、お天気お姉さん(あるいはオジサン)がなにくわぬ顔で桜の開花予報などを報じている。日本にきた外国人が首をかしげるシーンである。その重大さは「日本村」の村民にしかわからないだろう。

 ところで、日本三大桜というものがある。福島県三春町の瀧桜、岐阜県本巣市の薄墨桜、そして山梨県北杜市の山高神代桜である。

 このブログでも書いた通り、昨年念願の薄墨桜を見ることができ、その3つすべてに対面することができた。

 では、ニッポンイチの桜はどれだ? と問われれば、私は迷うことなく「山高神代桜!」と答える。樹齢1600年とも2000年とも言われ、日本武尊が植えたという伝説さえある。右上の写真でもわかるように、真ん中の幹は途中で崩れ、今や幹というより大きな岩石の化け物という風体である。横に張り出した枝はいくつもの棒に支えられ、かろうじて宙に浮いている。神々しいともいえるし、痛々しいともいえる。

 しかし、毎年この季節になると、艶やかな花を咲かせる。それは実にあっぱれであり、けなげでもある。私はこの神の化身とも言える老体に2度、対面が叶ったが、そのオーラは並大抵ではなかった。きっと、日本の歴史をずっと見てきたのだろう。大化の改新も源平合戦も南北朝時代も戦国時代も関ヶ原も江戸の泰平も明治維新も大東亜戦争も。そして、このたびの東日本大地震も。

 思えば、この老体、何度も台風や地震に遭遇しているはずである。なのに、なぜ生き存えている? その生命力の源は何?

 なにがあっても再起する日本人。そのシンボルみたいな存在が、この山高神代桜翁である。どうか、東北の被災地の方々に一日も早く安息の日が訪れるよう、取りはからってもらいたいものだ。

(110405 第241回 写真は山高神代桜)

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ