多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 曇天の日の三保松原

ADVERTISING

美し人
美し人

曇天の日の三保松原

2020.10.16

 日本人なら誰もが知っている名所、三保松原に行った。世界文化遺産にも登録されている。

 どうしても行きたかった。9月に行った北海道の大沼公園が存外素晴らしかったから。そのことを書いた項でも書いたが、日本新三景に選ばれているのが、その大沼公園と耶馬渓、そして三保松原だった。天の邪鬼を自認している私としては、そういうものに選定されているから行くというのは癪なのだが、つまらない意地をはっていいものを見逃すことがあってはならないと静岡方面へ行った際に立ち寄ったのだ。

 結論を先に書けば、とてもがっかりした。なぜならば、曇天だったからだ。海岸に沿って約3万本の松が生い茂るとあるが、歩ける範囲はそう広くはない。なんと言っても、三保松原の魅力は視界の両片隅に松林と白波を入れながら、雄大な富士山を望むことにある。富士山が見えない三保松原なんて、厚い雲に覆われた日に月見をするようなもの。事実、その日は訪れる人の姿もまばらで、海から吹いてくる風がことのほか身にしみた。

 ただし、三保松原の名誉のために言っておくが、天気が良ければ生涯記憶に残るほどの絶景が望めるにちがいない。かの安藤広重の浮世絵がそれを保証しているし、いにしえの歌人も三保松原をモチーフにさまざまな歌を詠んでいる。

 リベンジする機会があるかどうかわからないが、もしかすると、晴天の光景を想像するだけでいいのかもしれない。広重先生の絵を頼りに。

(2001016  第1030回)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「身に入む」を紹介。秋の季語にある「身に入む」、「入」を「し」と読ませて「身にしむ」です。 五感で受け止めた風や光、香りなどを身内で深く感じる心を「身に入む」と言い表せば、なるほどそのとおり。目に見えぬものが身内に入り込んで心身を絡め取る。その瞬間、なにかに取り憑かれたような感覚をおぼえます。それが言葉であれば、なおさらでしょう。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ