多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 作為があるのに無為自然

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

作為があるのに無為自然

2020.08.17

 前回に続き、日光田母沢御用邸について。

 庭がいい。 

 私は庭を専門的に勉強したことはないが、直感的に良し悪しはわかっているつもりである。もちろん、個人的な好き嫌いもある。例えば、世界的に有名な足立美術館の庭は、よく考えられた造形美だとは思うが、さほど好きではない(もちろん、嫌いであるはずはないが)。「これは世界的に有名な庭なんです」と言われても心が動かないのだから、理屈ではどうしようもない。

 キャビアやフォアグラやトリュフを供されて、「これは世界の3大珍味だから」と言われても、さほど美味と思えなかったらそれまで。それと同じこと。

 日光田母沢御用邸記念公園の庭は、みごとにさりげない。作為によって整えられているのに、作為が感じられない。無為自然なのだ。これはとんでもない妙技である。

 ポール・スミザーさんが作る庭にも通じている。この国に自然に生えている植物をうまく活かし、全体をひとつの世界に仕上げているのだ。まさに神と人の合作。ただただ虚心にし、その妙味を味わうのみだ。

 

灯籠は背景に溶け込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこの森にも生えている笹の、なんと美しいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキャスティングとレイアウト。見れば見るほどセンスの良さがわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その内のシダのアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、雑草が生えているようにも見えるが、昭和天皇がおっしゃったように、「この世に雑草という草はない」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップで見てもらうと一目瞭然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この枝垂桜が満開のとき、訪れたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200817  第1015回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ