多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 失ってわかること

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

失ってわかること

2020.06.21

 事務所としている「Chinoma」の下に素敵なカフェがあることは、何度か書いたことがある。

 Chinomaに行くたび、ケイティーを訪れた。いつもの笑顔で出迎えてくれ、多樂サロンでも使わせていただいた。

 本サイト「人の数だけ物語がある」でも紹介しているが、中村さん夫妻が営むカフェ「ケイティー」は、コーヒーのチェーン店が隆盛の現今において、じつに味わい深いカフェだった。

「だった」と書いたのは、先日、営業を終了したことによる。今回のコロナ禍によって売上が激減し、完全な収束が見通せないなか、苦渋の決断をされたのだ。

 外堀通り沿いに面しているということもあって、かなり高額の家賃だった。家賃の減額交渉をするも、まったく応じてもらえないということも聞いていた。弁当のテイクアウトを始めたが、肝心のコーヒーは売れない。どんどん追い詰められていく様子が伝わってきた。できるだけ応援しようと思ったが、金額はたかが知れている。

 このご時世では珍しく、愚直経営そのものだった。こだわりのストレートコーヒーが、大きくて厚手のコーヒーカップにたっぷり入って420円。深煎が好きな私にズシンとくる、パワーのあるコーヒーだった。奥さんの料理もひとつひとつていねいに作られているのに驚くほど安かった。アルコールを扱わず、コーヒー主体のメニュー構成でやっていけるのかと思い、もう少し値上げしたほうがいいのでは? と助言を何度もした。

 彼らなりに信念があったにちがいない。値上げをするかわり、懸命に働いた。閉店してからも毎晩11時くらいまで仕事をし、翌朝早くから店を開け、休みの日も仕込みに精を出す姿を垣間見ていたから、今回の〝仕打ち〟は残念でしかたがない。

「人の数だけ物語がある」の記事を読んでいただければわかるが、2011年、オープンした3日後、東日本大震災に見舞われるという最悪のタイミングで船出した。それを乗り切り、徐々に固定ファンをつかんでいった。それなのに……。9年間の努力はなんだったのかと思ったはずだ。

 閉店にあたり、多くの人が駆けつけたが、惜しまれるに値する仕事ぶりだった。彼らは最後まで笑顔だった。

 思えば、東京には個人経営のカフェが少なすぎる。パリを歩けば、そこかしこに個性的なカフェがある。地元の人や観光客に愛され、いつしかサロンとしての機能も果たしている。しかし、東京でカフェといえば、チェーン店のそれだ。マニュアル化したチェーン店に、新たな人の交流はない。

 下町には昔ながらの喫茶店がある。銀座にも老舗のカフェはある。しかし、私にとって下町の旧態然とした喫茶店はピンとこない。喫煙オーケーが大半だし、コーヒーも〝ブレンド〟と称し、なにが混じっているのかよくわからないことが多い。銀座の老舗カフェも値段が高い割に満足度は低い。そもそも日常的に使える気安さはない。その点、ケイティーは申し分なかった。

 いま、想像以上の喪失感を味わっている。当たり前のようにあったものが、ある日、なくなってしまう。人もモノもそうだが、そうなって初めて、その価値に思い至る。

 もう、あのようなカフェには出会えないかもしれない。そう思えば思うほど、喪失感が大きく感じられる。

 ああ、またケイティーのコーヒーが飲みたいなぁ、とこれから何度も思うんだろうな。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200621 第1001回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ