多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生きづらい時代?

ADVERTISING

ココロバエ
偉大な日本人列伝

生きづらい時代?

2020.06.12

 いったい、いつ頃からだろうか、「生きづらい時代」という言葉が人口に膾炙(かいしゃ)されるようになったのは。「時代」とあるのは、「以前に比べて」というニュアンスが言外にあるようだ。

 ある会社が2019年にまとめた意識調査によると、生きづらいと感じている人の割合は20代がもっとも高かったという。20代の若者はいつの時代と比較しているのだろう。おそらく、さほど気にもせず安易に使っているのだと思う。なかば口癖のように。

 だとしたら、あまりいいことだとは思えない。「生きづらい時代」と口に出した瞬間、ほんとうはいいところもあるはずなのに、脳は「生きづらい」と断定してしまうからだ。つまり、自分の心をネガティブな方へと導く言葉なのである。

 現代ほど(特に日本は)至れりつくせりの時代はあるまい。ここまで手厚い社会福祉を実現した例は、人類史においてほかにないと思う。福祉国家として北欧諸国が挙げられることが多いが、トータルで見れば日本の方がずっと手厚い。これは北欧の福祉に詳しい専門家から聞いた話でもあるし、実感としてもうなづける。

 たしかに、細かいところに目を向ければ、不満のタネはあるだろう。国民のすべてが不満ゼロという社会など、絶対にありえない。「生きづらい時代」と言っている人は、「不満のタネ」ばかりに意識を向けているのだ。

 こんなふうに考えてみよう。もし、人間以外の生き物に生まれてきたとしたら……。

 ほかの動物であれば、最小限必要な食べ物を確保するだけで1日が費やされ、食べられなくなれば死を意味する。しかも、日々天敵に命を脅かされる。

 と書けば、「ほかの動物と比べてどうするんだよ!」と憤慨する人もいるだろう。

 では、同じ人間に生まれたとして、アフリカなど開発途上国だったら? 中国や北朝鮮のように全体主義国家だったら? 

 あるいは、日本に生まれたとしても、職業や身分が固定されていた江戸時代だったら? 太平洋戦争のまっただなかだったら?

 そう考えると、現代の日本に生まれたということが、いかに幸運なことか、思い至るはずだ。そして、「この生きづらい時代」などと口にすることがいかに見当違いでわがままなことか、気がつくだろう。

 私はこう思う。自分が努力したわけでもないのに、現代の日本の生まれただけで100点満点だ、と。これ以上、なにを望むか。もし、不満のタネがあるとすれば、その原因の大半は自分にあるはず。そして、自分をつぶさに客観視し、改めるべきは改める。

 病気と同じである。そう思ったことをきっかけに、どう自分を客観視し、修正するか。そこに人生の分水嶺があると思っている。ただ「生きづらい世の中に生まれてしまった」「政府が悪い」「会社が悪い」「親が悪い」「運が悪い」などと不満を吐き出すのは、自分の足元に蟻地獄を掘る行為に等しい。

 ちょっと説教臭かったかな? ごめんごめん、ついつい。

 

 本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は「藤浪」を紹介。小さな紫の花房が風にたなびいている姿が波を思わせたのでしょう。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200612 第999回 魚にとってはいつの時代も生きづらい?)

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ