多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 集団で回るカモの不思議

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

集団で回るカモの不思議

2020.04.08

 前回、山澤清さんの言葉を紹介したが、こんなことも思い出した。取材の前、市ヶ谷の外堀通りをいっしょに歩いているときだった。

 私の目に、外堀でよく見る光景が映った。カモが集団で一点を中心にグルグル回っているのだ。

「あれは遊んでいるんですかね?」

 ふと、そう言った私に対して、山澤さんはすかさずこう言った。

「ちがっ! 遊ぶのは人間の子供だげだ。ああやって餌を集めているんだんべ。人間以外の動物は一日中食べ物探しをしてんだよ」

 みごとな山形弁で返された。「でも、うちのうーにゃんは子供の頃、ピンポン玉を転がして遊んでいたなあ」と頭をかすめたが、それは言わないでおいた。やはり、うーにゃんは人間だったのだ。

 調べると、越冬のため日本に飛来した渡り鳥のハシビロガモだという。集団で回ることによって渦を作り、そこにエサとなるプランクトンを集めているらしい。誰に教えられたわけでもないのに、みんなで協調して食べ物を獲得している。なんて賢明なのだ。

 山形弁といえば、初めて山澤さんとお会いしたときのことだった。しきりに「これからはフネンが怖い」と言う。

 フネン? 

 会話を交わしながら、不燃? プラスチックごみ? と思った。その後、男の精子の数が減っているとか、男が用なしになってしまうと言うのを聞いて、「不妊」だと理解した。

 ついでにその部分を少し紹介しよう。いま、なにげなく食べている野菜が、とんでもないことになっている。

「オレが作っているのは自分で種を残せるやつ。それが伝承野菜で、在来の種を継いで伝承してる野菜だ。ところが、みんなが食ってんのはほとんど自分の種は残さねえ野菜。遺伝子組み換えした野菜なの。植物の遺伝子を異型に作り変えて、それを増やして食べてんだよ。そうすっとよ、生殖能力がなくなんの。だから、そのうち男はいらなくなるって。もともと、ミトコンドリアってのはメスからメスしかつながんないからね。精子にあるミトコンドリアは途中で阻害されんのよ。それを人工的に掛け合わせて作ってんだ。40年間、そんな野菜ばっかり食べ続けてっから、そのうちきっと、みんなオカマ野郎ばっかりになるさ。オレもオカマみてえなもんだけどもよ(笑)」

 山澤さんはすべてお見通しなのである。

 おそらく、今回の中国ウイルスのこともお見通しだったにちがいない。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『FINDING VENUS ガラスで表現する命の根源と女性性』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 画家・岩井綾女さん

●「美しい日本のことば」

「おぼおぼ」という擬態語から派生したと言われる「朧(おぼろ)」。ぼんやりと、はっきりしない様子を表しています。ぼうっと霞みがかった月が浮かぶ「朧月夜(おぼろづくよ)」。続きは……

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200408 第983回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ