多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 赤坂迎賓館のケチ

赤坂迎賓館のケチ

2010.10.27

 赤坂迎賓館を一般公開するというので、行ってきた。

 なんじゃこれは! というのが第一印象。新聞をよく読めばよかったのだが、「前庭のみ公開」だったのだ。だだっぴろい石畳と石造りの大きな建物しか見られない。これじゃ、どんな雰囲気の中で国賓をもてなしているのかさっぱりわからないではないか。はっきり言って、国民をナメてます。こんなものもったいぶって見せられても、ちっとも嬉しくありませんぞ。

 以前、このブログでも書いたが、フランス滞在のおり、偶然、翌日が「国民の日」とかなんとかで、ふだん一般に公開していない施設を数日間公開すると知り、急遽予定を変更してエリゼ宮に出向いたのだが、朝10時ですでに長蛇の列。それでもバルザックを片手に待つこと7時間、ようやくエリゼ宮の建物内に入った時の感動は忘れられない。

 そうかぁ、ここでフランス政府はフランス料理やシャンパーニュやワインで美食外交を繰り広げているのだな、とじつに感慨深かった。

 それに比べて、なんなのこの赤坂迎賓館の「一般公開」は?

 

 日本の外交べたは今に始まったことではないが、かえすがえすももったいない。なぜなら、日本は外国からの賓客を圧倒するくらいの「ハッタリ」はいくらでもかませるくらいの文化的な厚みがある。日本は歴史があるし、あらゆる分野において上品だ。これをうまく組み合わせて、「脅し」という名の「もてなし」をすれば、浅い文化しか知らない外国の賓客は卒倒すること請け合いである。気がついた時は、日本をリスペクトしているだろう。そういうものだと思う、外交とは。

 どうして、そういうことができないのだろう。答えは簡単だ。そういう方面に明るい「プロ」を用いないからだ。だって、今の民主党にしても自民党にしても、そういうことができそうな「文化的な政治家」はいるだろうか。

 もちろん、いない。それなのに、プロを用いようとしない。

 かえすがえすも残念だ。

 日本の外交史で、唯一輝いていたのは明治時代だけだ。そのことをもう一度学ぶ必要があるのではないだろうか。

(101027 第202回 写真は赤坂迎賓館)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ