多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 京都御苑VS新宿御苑

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

京都御苑VS新宿御苑

2010.10.27

 久しぶりに京都に行った。仕事で行ったのだが、そのまま帰ってくるのはもったいないので、いくつか見て回った。

 ちなみに、そういう時、私はなるべく歩く。その日、歩いた歩数は22000歩以上。今年の夏、南アルプスに登った時は約12000歩だから、歩いた距離の長さがわかろうというもの。

 京都府庁で用を済ませた後、近くなので京都御苑に入った。何度も行っているが、最近、新宿御苑を庭代わりに使っているので、同じ「御苑」でもどう違うのか、つぶさに見てみようと思ったわけだ。

 結論から言えば、京都御苑VS新宿御苑のバトルは、新宿御苑に軍配をあげたい。それも「完勝」である。

 なぜなら、木の種類が圧倒的にちがうし、褒めてあげたいくらい立派な木が新宿御苑にはたくさんある。それに対して、京都御苑の方は砂利の面積が多く、やはり主役は御所であることを頑なに主張している。もちろん、それはそれで文句のつけようはないのだが。

 結局、好みの問題になるのだろうが、私の答えははっきりしている。例えば、ヘトヘトに体が疲れているとして、どちらを歩く方が体が喜ぶかと考えると、明らかに新宿御苑の方なのだ。

 新宿御苑の木々や草花を管理している総ディレクターは誰なのだろう。どこの街でも街路樹は悲惨なまでに枝を切り落とされ、無残な姿にさせられているが、新宿御苑のそれはあくまで植物本意になっている。変な剪定をされず、あるべき姿が保たれているのだ。だから、それぞれがいちいち美しい。その総和となれば、快適でないはずがない。

 

 最近、つくづく思う。新宿御苑に限らず、明治神宮御苑、赤坂御用地、そして皇居と、じつに広大な緑が残されている。これは一にも二にも、日本では万世一系の天皇が崇敬され続けていたからだろう。でなければ、どこかの欲張りが変な大義名分をつけてそれらの土地を切り売りし、醜い開発をしていたはずだ。もちろん、政治家とゼネコンを抱き込んで。

 だから、皇室があることはありがたいことだ。日本人の堕落に歯止めをかけているような気がする。そして、忘れてはならないのは陰の主役である植物たちだ。戦禍もくぐりぬけ、今も溢れるばかりの生命力をこの国に供給してくれている。

 ありがたや、ありがたや。

(101027 第203回 写真は、京都御苑で見た、ちょっと面白い木)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ