多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 幕末の生き証人

幕末の生き証人

2020.03.07

 幕末、風雲急を告げる状況にあって、当時の人たちがどのような行動を起こしたか、さまざまな書物に書かれている。

 いま、われわれは〝物語〟のひとつとしてそれらに接しているが、当人たちの恐懼は並大抵ではなかったはず。沿岸遠くにいる軍艦が大砲をぶっ放すと、陸地に届いてメチャクチャに破壊されるのだ。中国で起きた事態を知っている人は、つぎは我が国か、と恐れおののいたことだろう。

 襲来する外国船に対抗するには飛距離の長い大砲が必要だったが、それまでの日本の鋳造技術では大砲を造ることはできず、さらに外国人の技術者を招聘することもできないという状況だった。

 それでも、当時の人たちの行動は迅速にして果敢だった。伊豆韮山代官の江川英龍らがオランダの技術書などを参考に反射炉(金属融解炉)製造を研究して実用化までこぎつけ、その後、伊豆国、江戸、佐賀藩、薩摩藩、水戸藩、鳥取藩、萩藩、島原藩などで反射炉が作られることになった。その驚異的な吸収力は日本人の底力の源泉でもあろう。

 韮山反射炉は、静岡県伊豆の国市に現存する反射炉の遺跡で、山口県萩市の萩反射炉とともに貴重な遺産である。

 

 静岡へ行った際、実物を間近で見たが、思ったほど大きくない。どうしてこういう形になったのかわからないが、パッと見た目には洋風の煙突のようでもある。

 前述のようにこの反射炉は、当時の人たちが国難に対処するため、技術書だけを頼りに完成させた貴重な遺構だ。当時の日本人は、これを使って鉄を精錬し、大砲をつくった。

 その思いの強さが後の人たちを動かしたのだろう。明治41年、この反射炉を後世に残そうとした韮山村の有志によって今に至るまで遺されることになった。

 先人が受け継いできた歴史的遺構や自然財産を守り、後世につないでいくことは現代に生きるわれわれの責任である。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『FINDING VENUS ガラスで表現する命の根源と女性性』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 画家・岩井綾女さん

●「美しい日本のことば」

(200307 第975回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ