多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ガラスで表現する命の根源と女性性

ガラスで表現する命の根源と女性性

2020.02.08

 昨秋から手がけていた書籍が仕上がった。タイトルは『FINDING VENUS』、副題は「ガラスで表現する命の根源と女性性」。

 ヴェネチアと日本を拠点に制作を続けるガラス作家・植木寛子さんの生い立ちから現在までの物語と、ガラスの靴、女神、ジャポニズム、クラゲなど主要な作品を交互に掲載するビジュアルブックである。文章とカラー作品が見開き単位で交互に現れるという構成は、エアロコンセプトの菅野敬一氏をテーマにした『SHOKUNIN』と同じ手法である。

 取材のとき、創作のコンセプトをひとことで言い表すとしたらなんですかと訊いた。彼女は「命の根源を表現すること」と即答した。なるほど、植木さんが選ぶモチーフはすべて女性的だ。ふくよかで曲線的で美しく、同時に命を生み、育む母性としての強さも併せもっている。

「ガラスという素材は透明感があって滑らかで、女性を表現するにはピッタリなんですよ」と言葉を継いでくれた。

 とっさに「FINDING VENUS」というタイトルが脳裏に浮かんだ。ヴィーナスという、よく使われるが具体的なイメージがつかみにくい概念を追い求めている人だと思ったのだ。

 その後、取材・原稿を進めながら、膨大な作品データを整理して選出し、全体の構成を考えた。もちろん、ブックデザインも自分で行う。本作りの川上から川下まで手がけられるのはじつに楽しい。

 本文を読んでもらえばわかるが、植木さんの境遇は恵まれている。「こんなに恵まれていれば自分だって……」という気になる人もいるだろう。

 しかし、それほど人生は簡単ではない。人は逆境を活力源にすることもあれば、順境がプレッシャーになり溺れてしまうこともある。要は、生まれながらに与えられた境遇をどう活かすかだが、せっかくの順境を活かせないケースは案外多いものだ。

 その点、彼女は大いに活かしている。それができたのは、物怖じしない性格に加え、「論語」で書かれているような〝人間の基礎〟ができているからにちがいない。加えて、枯れることのない豊かな創造性が大きな武器になっているのは言うまでもない。自分は芸術家だからなにを言っても許されると勘違いする人が多いが、それができるのは世界でもほんの一握りの超弩級才能をもった人だけ。

 初めて植木さんの作品を見たのは、サントリー美術館で開催された「あこがれのヴェネチアンガラス展」だった。伝統的なヴェネチアンガラスに続いて、最後のコーナーに数人の日本人作家の作品が並んでいた。そのなかで、彼女の作品は異彩を放っていた。「これがヴェネチアンガラスか!」と頭のなかで「!」が何度も点灯した。その後、『Japanist』で紹介させていただき、昨年は日本の美術家・工芸家を紹介するサイト「美し人」でも掲載している。https://www.umashi-bito.or.jp/artist/375/

 この本には、人生の要諦を盛り込んだ。植木寛子さんのファンはもちろんのこと、彼女を知らない人にとっても有意義な書であると信じている。

お求めは、https://www.compass-point.jp/book/findingvenus.html

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『父発、娘行き』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 書家・齋藤翠恵さん

●「美しい日本のことば」

(200208 第968回 写真上は表紙、以下は本文のカラーページ)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ