多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 傲岸不遜な白人の主張

傲岸不遜な白人の主張

2010.07.06

 『ザ・コーヴ』という映画が物議をかもしている。和歌山で行われているイルカ漁を糾弾するドキュメンタリー映画だが、これについて私の考えを述べたい。

 

 「白人は、いつになっても自分たちだけが正しいと思っている傲岸不遜な連中だな」

 それが正直な感想だ。もちろん、まっとうな白人もたくさんいると思う。しかし、ああいうトンデモナイことを言い始めるのは、ほとんど白人だ。

 私はクジラもイルカも食べない(そもそもイルカ漁が行われていたことさえ知らなかった)が、食文化に文句をつけ始めたらキリがないということはわかっている。クジラはダメで、アシカやカンガルーやダチョウがいいという決まりはないだろう。フランスでは「ジビエ」と称して野の動物たちを美味しく料理してしまうが、例えばウサギ好きにとってはたまらなく哀しいだろう。中国では生きたサルを熱々の鉄板に尻から載せ、血が頭にのぼったところで頭蓋骨を割り、脳味噌を食べるという。というか、四つ足は机以外、飛んでいるものは飛行機以外食べてしまうという「なんでもあり」の民族だ。それでもわれわれが文句を言う筋合いはない。以前、タヒチに行ったときは、あちこちに野良犬がたくさんいて、どうしてあんなに野良犬がいるのかと訊くと、「非常食だ」という答えが返ってきた。

 そういうもんじゃないか、食文化というものは。

 それを白人は、まったく自分たちだけの物差しで、「この動物を食べるなんて野蛮、可哀想」とのたまうが、それなら自分たちの食文化の正当性を誰にでもわかるように説明してみろ、と言いたくなる。基本的に植物や魚を食べる日本人と比べ、彼らは野蛮であることをまったくわかっていない。

 というわけで、あの映画を上映する映画館の経営者は判断を誤っている。シー・シェパードの片棒をかついでどうするの? と言いたい。公正なドキュメンタリー映画は、どんなに自分たちに厳しい内容であっても上映を止めるなど言語道断だが、あれは公正な記録映画ではない。あの映画をつくった監督は、まず自らの食生活を明らかにし、そして正当性を主張し、その上であのような映画を作れと言いたい。あの映画を上映する映画館は、非難されても仕方がない。

 高久は怒っている。

(100706 第178 写真は久能山東照宮にある徳川家康の手形。それによると、家康の身長は155センチ。体重は60キロ。38歳の時の手形だそうだ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ