多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > タンポポの美しさ

タンポポの美しさ

2010.07.10

 社会人になってから30年強、ジョギングする習慣がずっと続いていた。今、自宅が建っている土地も、ジョギングするにもっとも適した場所として選んだくらいだ。

 20代から30代までは夏の猛烈に暑い日、汗を滝のように流しながら走るのが好きだった(もちろん、今やると死ぬので、そういう無謀なことはしない)。36歳のとき、ホノルルマラソンも走った。47歳くらいまでは、毎年地元のマラソン大会に参加し、10キロを走っていた。

 おかげで同年代の男と比べて、体型はまだまだ崩れていないと思う。

 

 ところが、今年になって、急にウォーキングが愉しくなってしまった。今ではジョギングはほとんどしない。

 なぜ、歩く方がいいかと思えば、体に負担がない上に、音楽を聴いたり、風景を眺めたり、ゴミを拾ったり、とさまざまなことができるからだ。走っていたときは見逃していた風景に出くわすと、一人にんまりとしてしまう。さらに、ときどきデジカメを持って、植物を撮影する。これも走っているときは気づかなかったことだが、花の形、色、匂いなど、どんな芸術品も凌駕できないほど「完璧」である。拍子抜けしてしまうほどに。

 どうして今までこんなシンプルなことに気づかなかったのだろう。

 中でも驚くのは、タンポポの綿毛の美しさだ。あまりに見慣れていて、あらためて気にかけることもなかったが、まじまじと見ればこれほど不思議な形もない。文字通り、綿毛のような種子が適度な空間をあけ、球状に集まっている。いったい、誰がこのような形になれ、と指令を出したのだろう。

 

 足を止めて、パチリ。

 それが右上の写真である。

 

 ところで、今回のワールドカップ。嬉しいのはスペインが決勝に残ったことだ。現時点で優勝するかどうかはわからない。ただ、あれほど美しいサッカーを体現していたチームが最後まで残るというのは、サッカー界にとって、とても幸福なことだ。日本も大会前に戦術を変えて功を奏したように、今、世界のサッカー界は現実的な戦術を取り入れたチームが全盛だ。そういう趨勢にあって、相変わらず南米勢は愉しいサッカーをするが、ブラジルもアルゼンチンも負けてしまった。個人の卓越した技術や流麗なパスワークはもはや武器にならないのか……と嘆いていた折りのスペインの快進撃である。

 いつも大会前は「無敵艦隊」と呼ばれるが、本番に入ると、あえなく撃沈されてきたスペイン代表。今年はいけるかも。ぜひオランダを破って、美しいサッカーが勝てるということを証明してほしい。

(100710 第179)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ