多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > なんなんだ、このジイサンは?

なんなんだ、このジイサンは?

2019.10.03

 台風15号は、日本列島に深い爪痕を残した。〝台風慣れ〟していない関東地方の、特に千葉における被害は甚大で、今なお復旧の目処がたっていない地域がある。

 台風がやってくる直前、私の杞憂は新宿御苑の巨樹たちに向いた。人間より樹木を心配しているのもどうかと思うが、事実だから仕方がない。しばしば無言の会話を交わすうち、仲良しになった樹木がたくさんある。そのどれもが人生の大先輩で、ぬかずきたくなるほどの威厳を保っている。過去の台風によって根こそぎ倒された姿を見てきた。だからこその杞憂だった。

 主だった巨樹はなんとか耐えたようだ。しかし、中堅どころの樹木が多数、なぎ倒された。いまだに進入禁止のエリアがある。

 そんな状況下、驚かされたのが、サルスベリの花だ。台風が去ったあとも、なに食わぬ顔で微風に揺れている。花びらひとつ落ちていない。

 

 ――弱の強に勝ち柔の剛に勝つは、天下知らざるものなきも、能く行なうものなし。

 

「老子」第七十八の一節である。

 柔よく剛を制す、とはしばしば柔道で使われる言葉。弱いものが強いものに勝ったり、柔らかいものが剛強なものに勝つことはみんな知っているけど、実際にそれを行う人はいないという意味だが、ところがどっこい、いたのである。

 それが前述のサルスベリだ。他にもたくさんいるかもしれない。どんな風が吹こうが風に身を任せ、柔らかくいなしている植物が。

 サルスベリの幹は、ガリガリの老人のように骨と皮しかなく、枝はヒョロヒョロと細い。強風をまともに受けたら、ポキっと折れそうだ。

 しかし、台風などどこ吹く風、あっけらかんとしている。いったいなんなんだ、このジイサンは? なにか得体の知れない力を内に秘めている。

 こんど台風が来たら、どんなワザを使って強風をいなしているのか、こっそり覗いてみたいものである。

 

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが禅をベースに、女の子に人生の指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

https://www.compass-point.jp/u-nyan/

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

https://www.compass-point.jp/300books/

◆「偉大な日本人列伝」

https://www.compass-point.jp/japanese/

 

髙久の著作

●『父発、娘行き』

https://www.compass-point.jp/book/chichihatsu.html

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

https://www.compass-point.jp/book/happa.html

●『結果をだす男 中田宏の思考と行動

https://www.compass-point.jp/book/kekka.html

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」。文化遺産ともいうべき美しい言葉が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(191003 第936回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ