多樂スパイス

温泉について

2010.04.24

 前々回に続き、松山ネタを。

 右の写真は、道後温泉のシンボルともいえる「道後温泉本館」。

 堂々たる風格である。宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』に登場する湯屋のモデルになったところと言えば、ピンとくる人も多いだろう。

 

 なぜ、日本人は温泉が好きなのだろう。

「そこに温泉があるから」

 それも答えのひとつだろう。世界広しといえど、日本ほど温泉に恵まれた国はない。まず、われわれわはそのことに感謝すべきだ。

 しかし、それだけではないはずだ。

 私は、いつも忙しく動き回っている人間だと思われているらしいが、じつはのんびりするのが好きな人間である。そういう人間にとって、温泉は最適だ。さらに、東南アジアのリゾートホテルで日がな一日波の音を聞きながら本を読んだりするのも大好きだが、残念ながら最近はとんと行けなくなってしまった。海外旅行というと、ギッシリと予定を組んであくせくと動き回ることが好きな人が多いが、私は一週間くらいホテルから一歩も出ず、とことん猫のようになるのが好きなのである。ゆったり流れる時間の中でしかわからないことがある。

 「いや、なにもリゾートなんかに行かなくても、のんびりしようと思えばできるじゃないか」という意見もあるだろう。

 ごもっともである。

 しかし、仕事がタイトに詰まっている人にとって、あえてそういう状況を作らなければのんびりできないというのも事実である。

 忙中閑アリ。

 日常はタイトに仕事をし、のんびりする時は猫のようにただ時の流れるにまかせる。そういうメリハリを取り戻したいが、今のところはちょっと無理かな、という気がする。

 ところで、なぜ日本人は温泉が好きか、であった。

 着ているものをすべて剥ぎ取り(つまり本来の姿に戻って)、自然と同化できるということもその理由のひとつだろう。温泉は、鄙びたところほどいい。都会のど真ん中にある温泉なんて興趣がわかないだろう? 鄙びたところというのは、本来の自然の姿に近いということだ。そういうところで、本来の姿に戻って(裸になって)本来の姿に戻る。つまり、DNAに刻まれている「本来あるべき姿」に近づくことができるからではないか。

 アジアのリゾートに行けない今、せめて数ヶ月に一度は温泉旅行をしたいと思っている。

(100424 第163)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ