多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 谷村新司の真意

谷村新司の真意

2010.03.25

 先日、次の『Japanist』のための対談を取材した。

 今回のゲストは谷村新司さん。迎えるは毎度おなじみの中田宏氏。

 

 いやー、凄いのなんのって。

 谷村さんたら、ほとんど質問に答えない。

 何を訊いても、「それは無意味ですね」「そういう風に考えない方がいい」といった返事ばかりで、その後に続く言葉も、まるで禅問答。

 谷村さんがかなりの見識を持っているということは聞いていたが、まさに見識の塊で、いろいろなことをよく勉強している。というより、独学で学んだのだろうが、実体験から普遍的な思考を探るメソッドは天才的かも。

 おそらく谷村さんは「『Japanist』を試したのだと思う。なぜなら、今までに数え切れないほどのメディアに出演しているだろうが、今回ほど本音だらけのコメントはなかったんじゃないかな。私はテレビはほとんど見ないし、ラジオはまったく聞かないので正確なことはわからないが。

 その上、谷村さんは確信犯であった。中田氏の役割が、良き社会を建設するための仕組み作りだということを知っていながら、はぐらかす・うっちゃる・跳ね返す。2時間ずっと笑顔で、とりつく島を最後まで与えなかったのはさすがという他ない。

 

 対談中はどうまとめたらいいのか不安だったが、あるところでピーンときた。

 というのは、谷村さんが何度も言ったように、私もこの国はあと2、3年で根本的に仕組みを変えなければいけない事態になると見ているのだ。その理由が何であるのかまでは訊かなかったが、そういう事態になるのにいくつもの理由はない。

 しかし、どういう事態になろうとも、日本という国は存在し、1億3000万人近い人間はその後も生き続けなければならない。その時に、はたしてどのようなシステムを構築することができるのか、それが問題だ。それを考えると、目先の政局がどうのとかチンケなことに思えてくる。

 「つまらない既成概念に惑わされないで、天地をひっくり返すくらい素敵な仕組みを作ってよ」

 谷村さんはそういうメッセージを放っていたのではあるまいか、と勝手に思いこんでいる。

(100325 第157 写真は対談の取材風景。左から、中田宏氏、谷村新司氏、少し距離をおいて多樂な私。撮影/森日出夫氏)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ