多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 鉢植えの桜、咲く

鉢植えの桜、咲く

2010.03.28

 先週のある日、会社に大きな段ボール箱が届けられた。ある読者の方からの贈り物で、箱を開けると鉢植えの桜が入っていた。

 「高久さんの誕生日の頃に花が咲きますように」とのメッセージが添えられていた。

 その時の心のときめきをどのように表現したらいいのだろう。まさに、心の中で、「!!!!!!」が連続だったのである。

 

 鉢植えの桜かぁ……。

 これは意外に盲点だった。大きな桜を下から見上げて愛でるのもいいが、鉢植えなら四六時中、身近なところで愛でられる。花が咲いて、散って……という過程もつぶさに見ることができる。

 ありがたやありがたや。早速、書斎の窓辺に置いた。

 

 室内の気温が高いためか、2日ほどすると、固くとじていた蕾がほころんできて、今では8輪が開いている。

 八重桜である。大木の八重桜はあまり好みではないが、鉢植えはむしろ八重の方が存在感があっていい。ほんのりとピンクがかって、なんて美しいのだろうとしばし見とれてしまう。バリの淡々とした音楽をBGMにして、この桜を眺めているだけで、幸せな気持ちになれる。気がつくと、時間がかなり経過している。トリップしちゃっているのである。アブナイ、アブナイ。

 いつも思うのだが、植物の姿・形はじつに精妙で、どんな造形作家も太刀打ちできない。自然界の造形力を見せつけられると、いったい誰がこのようなものを仕組んだのだろうと思わずにはいられないのである。

 それにしても、『Japanist』を購入していただき、その上、感動したと言ってこんな素敵な贈り物を送ってくれるなんて、なんて私は果報者かと痛感する。

 ありがとうございます。この欄を借りてお礼を申し上げます。

(100328 第158)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ