多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ウォーキングの効用

ウォーキングの効用

2010.03.14

 最近、心身ともに絶好調である。

 なぜ、そうなのか、思い当たるフシがある。最近、ウォーキングを始めたのと、お風呂で西行の歌を朗読していることだ。心身が日毎に浄化されていると感じるのは錯覚ではないような気がする。

 もちろん、それ以外にも理由はあるだろう。

 嫌な人には会わないし、嫌な仕事もしない。よほど前からアポが決まっている日以外は、その日何をするか自由だ。そもそも、日常の中で、嫌だな〜と思うことがない。強いてあげれば、テレビのニュースや新聞を読んでいるときだ。そういう時、私は憤りではち切れそうになる。

 そういう人間が絶好調でないはずがないのだが、以前にも増して調子いいのである。おそらく、日々をつぶさに見れば、嫌なことがないはずはないのだが、ついに細かいことはまったく気にならなくなってしまった。これは独自の境地かな、と密かに海(我が家の天才ネコ)と話し合っている始末である。

 特に夕暮れ時のウォーキングが好きだ。コースはもちろん、いつものジョギングコースである総合運動公園。1時間くらい、早歩きする。耳にはi pod、手にはゴミ用のビニール袋(毎回ではないが)。

 好きな音楽を聴きながら、スタコラサッサと歩き、ゴミがあれば拾う。健康維持、音楽鑑賞、そして環境美化の3点セットである。

 なんて快適なのか! と毎回思う。どんな天気でも、どんな音楽でも感動する。マーラーでもバルトークでもバッハでもボブ・マーリィでもストーンズでもロッド・スチュワートでもマイルスでも……。徐々に暮れなずむ空を見ながら足早に歩いていると、音楽はまさに自然界に存在するものだと再認識する。さらに目を風景に転ずると、すべての光景が生き生きと見えてくる。まるで人間が活動を抑える時間になるのを見計らっていたかのように、木々も空も動物たちも、そして無機物ものびのびとしてくるのだ。遊園地のジェットコースターは龍に見えてくるし、水泳の飛び込み台はガンダムのように見えてくる。まだ花も葉もつけていない桜の木など、モンスターそのものだ。

 1時間も歩けば、体の内側から心地よい熱がジンワリとうち寄せてくる。

 走っていた時には気づかなかったことがたくさんある。植物のちょっとした変化だったり、宇宙における自分の立場だったり。そんなこんなを感じていると、自ずとさまざまなアイデアが湧いてくる。

 まさに一石4鳥だ。

(100314 第155 写真は夕暮れ時のジェットコースター。もう少し暗くなると、龍に見えてくる)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ