多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > スターリィマンと家族の絆

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

スターリィマンと家族の絆

2010.03.11

 ついに『fooga』最後の特集になってしまった。

 最後に選んだのは、さいたま市にお住まいのはせがわいさおさん一家。ご主人のいさおさん、妻の芳見さん、娘の祐希さんの3人家族の物語である。

 若い頃、「ずっと絵を描き続けたい」と志したはせがわいさおさん。彼と出会い、「ずっとこの人に絵を絵が描かせたい」と思い、夫を支え続けてきた芳見さん。

 二人の思いは、やがて「夫が絵を描き、妻が物語を添える」という形に発展し、娘・祐希さんの誕生をきっかけに「スターリィマン」という愛の使者が誕生した。

 そして、成長した祐希さんは、母の書いた物語や詩を朗読し、両親の活動を広く知らしめる……。

 家族の絆が希薄になっている現代社会において、はせがわファミリーが織りなす家族の絆とは……。

 そんな視点で構成した。

 

 はせがわさんの絵は、驚くほど濁りがない。画家にとっての色は、作家にとっての文章そのものだと思うが、どうして現代のような濁った時代にあのようにピュアな絵を描き続けられるのか不思議である。

 現代はよくも悪くも分業化が進み、それは家族においても同じ。父親の仕事ぶりを目にする家族はあまりいないだろう。そういう状況にあって、ひとつの目標に向かって力を合わせる家族の姿は多くの読者の心を打つにちがいない。

 『fooga』最終号(第92号)は3月28日発売。

 また、はせがわさんのホームページに本誌が取り上げられています。

http://starryman.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/fooga328-360c.html

(100311 第154 写真ははせがわさんファミリー)

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ