多樂スパイス

ならまち風情

2010.03.02

 広島でチョンマゲ大将の寿司を味わった翌日、同じ広島県内の竹原市にある藤井酒造を取材で訪れて取材し(『Japanist』第5号、純米酒のコーナーに掲載)、その足で京都へ向かい、ワサブローさんと久しぶりにお茶をし、その後、近鉄線で奈良へ向かった。

 奈良から田口佳史先生の講義を聴きに東京まで通っているA氏と会食し、翌日、A氏と地元の建築家に奈良の町屋が並ぶ「ならまち」を案内していただいた。

 今、全国どの街へ行っても同じような風景が並ぶ中、奈良はさすがに歴史の重みを感じさせてくれる。タイムスリップしたかのような錯覚をおぼえる。

 平城京の碁盤の目の区画を生かしているため、入口は狭いが奥行きがある。奥行きの間取りはどの家もほぼ同じなので、中庭の位置が揃い、そのため夏になると風の通り道になるという。プライバシーを大事にしながら「公」を意識してきた当時の日本人の「思い」がしのばれる。

 外観の格子を見ていて、ふと思った。

 これは隈研吾ではないか!

 いや、ちがう。隈研吾のあの格子をうまく使ったデザインコンセプトは、町屋にルーツがあったのだ。

 

 残念だったのは、心ある地元の保存運動をあざ笑うかのように、虫食いのように空き地があり、マンション建設予定地という看板がいくつかあったこと。業者はほとんどが東京の会社だった。

 便利かどうか、儲かるかどうか、という観点に立てば、まちがいなく町屋は「否」であろう。

 しかし、そうでなければ残せないものがある。そうでなければ伝わらないものがある。

 A氏が言った。

 「向こうに見えるのが生駒山。大阪から来る汚い空気をあの山が浄化してくれる」

 そういう矜持が必要だと思う。

(100302 第152 写真はならまちの風景)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ