多樂スパイス

市兵衛のまげ

2010.02.20

 広島で「日本志民会議」のフォーラムに参加した後、地元の友人に美味しい寿司屋があるから、と案内された。その名は「さかもと屋 市兵衛」。

 店に入り、カウンターに座るなり、「おっとぉー!」目を瞠った。

 なんと大将、ちょんまげなのだ(写真右)。正確には商人髷と呼ぶべきだろう。

 そのビジュアルを見て、私は「気が合うな」と思った。どこを輪切りにしても平凡な人よりも、このように個性むき出しの人の方が気性が合うのだ。

 事実、話は意外な方向に進み、大将は、「学校で明治以降の歴史を教えるべきだ」と気炎をあげる始末。すかさずカウンター越しに握手を交わしたのは言うまでもない。

 それにしても、広島まで行って、寿司屋のカウンターでその店の主人と近代日本史について語り合うとは思わなかった。

 

 ところで、ちょんまげ大将が指摘するまでもなく、近代史や道徳を教えていない弊害はおびただしい。

 バンクーバー・オリンピックに出場した国母という選手の服装問題は、もとをただせば今の教育にある。つまり、あのような品のない日本人を生んでしまったのは、今の大人が悪い。

 学校では「日の丸」や「君が代」の意味を教えず、ひたすら忌避する教師がまだまだ多い。そういう大人たちの姿を見て育った子どもたちに、「国家に対して敬意を払え」「国家の代表であるという自覚をもて」と言う方が無理がある。

 繰り返し言うが、私は日教組は一度解体すべきだと思う。百害あって一利なし。国を滅ぼす張本人だ。

 とは言うものの、民主党の最大の支持団体のひとつが日教組。「政権交代」を早く実現させないと、逆に日教組がのさばることになるだろう。

(100220 第151 写真は「さかもと屋 市兵衛の河合氏)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ