多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 流れる雲のように

流れる雲のように

2019.04.09

 ついに60代の大台に乗ってしまった。

 今年は大きな節目なのだろう。10年続けた『Japanist』の幕を閉じ、自分の60年の集大成として『葉っぱは見えるが根っこは見えない』を著し、20年ともに生きてきた愛猫うーにゃんを失ったと思ったら還暦を迎え、来月は「令和」と元号が変わる。会社も無事、創業32周年を迎えた。

 

 20歳になった日のことは覚えていないが、その後の節目はきちんと記憶に残っている。

 30歳になった日、私はマニラのホテルの一室で目覚めた。セブ島へ二人だけの社員旅行をしたのだが、霧が深くてセブの空港に降りられず、マニラへ連れていかれたという事情があったのだ。シミのついた天井を見ながら、「ああ、30歳になった」と感慨にふけった。

 40歳になったのは、猛烈に文章を書き始めた頃である。羅針盤がはっきりと「もの書き」の方向を指し、私は直感に従った。

 50歳になった日は、『Japanist』創刊号の編集を終え、ホッと一息ついていた頃だ。友人・知人らがとあるホテルのバーでささやかなお祝いをしてくれた。

 そして、60歳。その前の日ととくだんなにかが変わっているわけではないのだが、気持ちの上では大きく変わっている。

 

 今年のはじめ頃、盆栽家・森前誠二氏に誘われて水石展を見たことはすでに書いた。その時、すごく印象的な書が目に入り、思わず写した。それが右上の「雲」。作者の名は控えていなかったが、署名を見ると、下の名は「則州」と読める。『日々是掃除』の秋吉則州さん? でも、姓は茅野とも読める。よくわからないまま、ここにアップさせていただいた。

 これまで、私は「自由であること」を標榜してきたが、これからはさらにその心境を深めたい。不自然なことはしない、作為は弄さない。それはまさしく雲そのものだ。大空を自由自在に流れていく。「流される」ではなく「流れていく」。自分の動力がついた雲である。

 私を求めている人があれば話を聞き、いいと思えば請け負う。オファーがなければ、楽しみながら自分を磨く。自分を磨くとは言うものの、とどのつまりは「書き・読み・仕事をする」である。

 そんな雲になって自在に生きていくことができたらいいな。10年経った頃は、一味ちがった風景が見えていることだろう。

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190409 第891回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ