多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

創造主の化身

2019.03.19

 高千穂神社の創建は今から約1900年前、垂仁天皇の時代とされているが、実のところ「不明」であるようだ。なんでもわかってしまう時代にあっても「不明」であり続けているところがなんともいえない魅力だ。高千穂郷88社の総社であるのだから、相当に格式の高い社であることはまちがいないが。

 鬱蒼とした巨樹に囲まれている。本殿を見守るかのようにそびえ立つ「秩父杉」や「夫婦杉」など杉の巨樹は植物というより、もはや神の化身としか思えない。見上げ、息を呑み、畏敬の念を抱く。ただ、それだけ。

 私は神社仏閣に訪れるのが好きだが、縁起を担ぐことはまったくといっていいほどしない。それをしたからといって、いいことがあるとも思っていない。そういう意味では、信心深くない。厄年もまったく気にならない人間だ(あれ? 今年がそうだっけ?)。

 しかし、自然界にわれわれの想像を絶する得体の知れない力が働いていることは信じている。それを神と呼んでもいいし、創造主と呼んでもいい。村上和雄さんのようにサムシング・グレートと呼んでもいい。

 清浄な空気に包まれている歴史ある神社には、まちがいなくそういう力が働いているとも思う。実際、そこに身を置くと、心身が浄化されていくのがわかる。それが感じられない人はどうすればいいのか、だって?

 うーむ、わからない。感性が凝り固まってタコかイボのようになってしまったのだろう。皮膚科に行った方がいい。

 巨樹を間近で見ていると、一個の人間の営みなど、じつにはかないものだと思う。ほんと、ちっぽけだなあ、と。

 しかし、宇宙の命からみればはかない一瞬だからこそ、自分が生きた証として、この世に生まれてきた甲斐があると納得できるようなことをなしたいと思うのも事実。

 自分を生んでくれた創造主に恥じない生き方をしたい。

 

 

 

 

 

 

 ※うーにゃん先生、自己啓発セミナーに物申す。

うーにゃん先生流マインドフルネス「日々の生活が人をつくる」

40話 うーにゃん先生「日々の生活が人をつくる」

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190319 第886回 写真は秩父杉。割れるのを防ぐため、バンドで締めている。壮絶!)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ