多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 塩川(スガー)の不思議

塩川(スガー)の不思議

2019.01.08

 またまた沖縄の話題を。

 那覇から高速道路絵で北上し、国道に449号線をさらに北上すると、「塩川」と呼ばれる川が流れている。河川として唯一、国の天然記念物に指定されているが、その理由は塩を含んでいること。世界にもここ沖縄とプエルトリコにしかない、極めて珍しい川だ。

 いまだになぜこの川から塩が湧出するのか、判明していない。潮位と水位が比例していたり、湧出量と塩分濃度が反比例していることなどから、海水が流れ込んでいるらしい。以前、このコーナーで沖縄の塩について書いたが、川にまで塩が含まれているとは驚きである。

 地元の人たちは「スガー」と呼んでいる。文字通り、塩の川という意味だ。フランス菓子のアレは「ヌガ」。言葉は似ているが、スガーはしょっぱく、ヌガは甘い。

 全長は約300メートル。川というより、小川と呼ぶ方がふさわしいほどの川幅だ。

 私はこの分野に疎いが、沖縄の地下空間で、ほかの地域とは異なる現象が起きているのではないか。海が関与していることの証がスガーとも考えられる。

 真実を知りたいと思うが、なんでもかんでも知らなくていいとも思う。世の中には事実を解明なくてもいい自然現象はたくさんある。事実を事実として受け止める。理由は問わない。そういうスタンスも必要なのではないか。

 

※うーにゃんの明治神宮お礼参り 「感謝すれば、だれもが幸せ者」

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

(190108 第870回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ