多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人間とは可笑しなもの

人間とは可笑しなもの

2019.01.04

 ニンゲンという生き物は面白い。自分もその一人だということを忘れて、そう思ってしまう。

 東京ステーションギャラリーで「吉村芳生 超絶技巧を超えて」展が開催されている。聞いたことのない画家だったが、行ってビックリ玉手箱。あまりに滑稽で、あまりに可笑しい。しかも、タイトルのように、絵の技術や表現力は度を越している。

 なにしろこの人、自画像を描きまくっている。1年間、毎日描くということで味をしめたのか、新聞紙上に自分の顔が映っている作品を数えきれないほど描いている。しかもトップの見出しに合わせ、表情を変えている。よく見ると、新聞の字も作者による手書きである。

 いったい、なにが彼をそうさせた?

 正直、どこにでも転がっているような顔だ(失礼)。指名手配のポスターに使えそうな表情のものもある。情けない顔、うんざりしている顔、途方に暮れている顔、純真無垢な顔、なにか物言いたそうな顔……。とにかく顔、顔、顔である。

『ドローイング 金網』という作品は、金網をただひたすら描き、なんと17メートルにもなってしまった。なぜ17メートルかといえば、展示する壁の長さが17メートルだから。100メートルの壁があったら、それに合わせていたことだろう。

 そうかと思うと、『無数に輝く生命に捧ぐ』のような本格的な日本画風の作品もある。

 

 私はこういう変わり者が好きだ。長い間、編集をしてきたからか、こういう人を見ると血が騒ぐ。残念ながら、今生で会うことはできないが、あの世で会うことができたら、まっさきに取材を申し込みたい。

 開口一番聞くだろう。自分の顔のどこが好きだったのですか、と。

 

※うーにゃんの明治神宮お礼参り 「感謝すれば、だれもが幸せ者」

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

(190104 第869回 写真上は『自画像シリーズ』。これ、すべて鉛筆画。下は『無数の輝く生命に捧ぐ』の一部分)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ