多樂スパイス

不易と流行

2018.11.03

 新宿御苑のヘヴィーユーザーといっていいだろう。年間250回くらい利用している。通常、入場料は1回200円で、年間パスポートは2,000円。単純計算すれば、50,000円払うべきところを2,000円で済ませている。

「御苑の近くに住んでいる人は国民の税金の恩恵を受けているのだから、税金を高くするべきだ」とある人が言っていたが、一理ある。一理あるが、実現することはないだろう。そうだからこそ地価も高いわけで、固定資産税も高い。

 

 利用している時、時々思うことがあった。相も変わらず同じことを繰り返しているなあ、と。新宿御苑は皇居東御苑、京都御苑とともに三大御苑のひとつだが、それゆえにか、新しいことはまったくと言っていいほどやらなかった。頑ななまでに。

 ところが、今年は方針が変わったようだ。先月は、ある民間会社が請け負い、夜、ライトアップされたなかを歩くという催しが行われた。残念ながら申し込んだ時はすでに定員に達していたが、来年はぜひとも実施日を増やしてほしい。

 さらに、これまで部外者が入れなかった栽培地が期間限定で公開されている。今まさに菊花壇展の最中なのだが、その広大な栽培地で大量の菊を栽培しているのだ。その他、伐採した幹や枝をストックしておくところなど、御苑の陰の部分も見られて興味深い。

 聞けば、東京オリンピックに向けて、さまざまな試みをするらしい。

 変わることはいいことだ。いや、正確に言えば、変えてはいけないことは変えず、変えるべきことは変える。なにごともそのバランスが大切だ。

 芭蕉の唱えた不易流行は、そういう意味もあるのだと思う。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第31話は「時が解決してくれる」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181103 第854回 写真は栽培所)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ