多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 秋の高尾山で命の洗濯

秋の高尾山で命の洗濯

2018.10.30

 かねがね言っている。もしガンになったら、高尾山に登り続けると。苦しい治療をするより、よほど効果があると思っている。それでも治らなければ、それまでのこと。

 と思えるくらい、力のある山だ。高さは599メートル。日帰りでのんびり登るには適度な高さといえる。久しぶりに家族で登った。

 山の中腹にはいろいろな店がある。ふだん、団子など食べないが、こういう時は食べたくなる。さっそくみそだれの名物団子を頬張りながら見晴台から遠くの街を眺める。江ノ島から横浜、武蔵小杉、ミッドタウン、新宿西口の高層ビル街、そしてスカイツリーなどが一望にできる。昔は関東や甲信越など12州が見渡せたという。ここで満足指数は一気に上昇する。

 途中、薬王院で御朱印をもらい、頂上に着いたのは、歩き始めて1時間半後。頂上でゆっくりしたあと、下山するまで1時間。コースはいくつもあるから、その日の条件、その日の気分で変えるのも楽しみだ。

 高尾山口駅に隣接した極楽の湯で汗を流せば、身も心もスッキリ。新宿までの1時間は音楽を聴きながら居眠りする。命の洗濯にはうってつけのコースである。

 

 聞けば、11月に入るとハイシーズンになるという。そう、紅葉を求めて登る人が増えるのだ。登山道はもちろん、頂上も芋洗い状態になるだろう。ということは、快適に登るなら10月が一番。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第30話は「人との間合いをはかる」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181030 第853回 写真上は三福団子と遠望、下は薬王院奥の院の鳥居)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ