多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 最後のひとつ前

最後のひとつ前

2018.10.26

 今年の元旦、首都高を運転している時、わけもなく「『Japanist』は年内で終わりにしよう」と思った。そのことを37号でアナウンスした。

 早いもので、残すところあと1回。

 

『Japanist』39号が完成した。

 巻頭対談には、株式会社今半代表取締役の髙岡慎一郎氏に登場いただき、すき焼に関わる話をうかがった。

「ジャパニストの美術散歩」では陶芸家、十二代 三輪休雪氏を紹介。三輪氏は代々続く萩焼の窯を継いでいるが、「伝統とは同じことを繰り返し続けることではない。革新の連続が伝統になりえる」との持論を胸に、今も斬新な作品を創作し続けている。従来の『Japanist』にはなかったテイストの表紙も三輪氏によるもの。78歳になる現在も、斬新で大胆でパワフルな作品を創り続けている。なにものにも媚びない、妥協しない姿勢はまさに巨匠の領域。それでいて結構お茶目である(内緒だが)。

「転換期のキーパーソン」では秋山木工の代表取締役・秋山利輝氏を紹介している。秋山氏は丁稚(でっち)制度を維持し、若い家具職人の育成に心血を注いでおり、その志はまさに一点の曇もないと言って過言ではない。人と人との関わりがますます淡白になっていく現代において、秋山氏が取り組んでいることは、きわめて価値のあること。

 

 今回、私が担当したのは上掲・三輪休雪氏の記事の他、「葉っぱは見えるが根っこは見えない」、田口佳史氏との対談「学びのクロスロード」、大幡正志氏との対談「遊べ・学べ・働け」の4本。

 ずっと「筋肉質の誌面」づくりを目指してきたが、終幕を間近にし、徐々に成果が現れてきたようだ。

残り1回、歴史に残るようなものにしたいと静かに闘志を燃やしている。

https://www.compass-point.jp/japanist/

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第30話は「人との間合いをはかる」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181026 第852回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ