多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 片腕を喪失したスギの話

片腕を喪失したスギの話

2018.10.14

 今年は例年にまして強烈な台風が到来している。メディアで「観測史上最大級」などと煽られると、「また多くの犠牲者が出てしまうのでは?」と嫌な予感にとらわれる。メディアは注意を促す意味でオーバーな表現を使っているのだろうが……。手術の前に最悪の事態を念押しする医師のように。

 

 生まれてからずっと関東に住んでいるからか、台風に対する脅威をリアルに感じた記憶がない。台風の被害は「ニュースで知るもの」であり、自分が味わうものではなかった。せいぜい電車が不通になって困ったというていどだ。今年の台風も「すごい風だった」で済んでしまった。

 ところが、愛着のある樹の枝が無残な姿になったのを見て、やはり台風の威力は凄まじいのだなと痛感させられた。新宿御苑のスギ(写真上)。いつも両の腕を大きく広げ、「ようこそ」と言ってくれた樹である。なぜか顔はない。首の下に縦の亀裂が走っていて、それが口のようでもある。このスギを見るたび、笑みがこぼれた。

 ところが、先の台風によって左腕が折れてしまった。損傷は体の一部にも及んでいる。痛々しくて見ていられない。これも自然の摂理なのだろうが、このスギは片腕を失って、これからどう生きるのだろう。

 ふと、川端康成の短編「片腕」を思い出した。若い娘が「片腕をひと晩貸してもいいわ」と言い、付け根のところから片腕をはずして貸してくれる。他者の体の一部が自分の体にくっついているというのはどういう感じなのだろう? いとしい人から臓器を提供された人はどういう気持ちなのだろうと想像が思わぬ方向へ。

 人も樹も、当たり前のように存在していたものがなくなると、なんともいえない喪失感を覚える。やがて自分もそういう喪失感を周囲に与えるのだろうかと考えることがある。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第29話は「いいことは時間をかけないと広がらない」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181014 第849回)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ