多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美しすぎる日本の言葉

美しすぎる日本の言葉

2018.10.10

 前回に続き、一般社団法人日本美術工藝協会について。

 公式サイトに「美しい日本のことば」というコラムがある。3日ごとに更新することになっており、その名のとおり、美しい日本語を解説を加えて紹介するコラムである。2回目までは私が書き、それ以降は『Japanist』でも活躍してくれている神谷真理子さんが担当している。

 以前から日本語の特異性に気がついていたが、なんと情感豊かな言語であることか。とりわけ自然を表現する多彩な表現に舌を巻く。例えば、雨や雲など気候を表す言葉はそれぞれ数千あると聞いたことがある。赤という色を表す言葉は58もあるとか。心の機微を表す言葉も豊富だ。

 一方、論理的な言葉は乏しい。明治になって西洋から入ってきた概念、思想、技術などを表す言葉を当時の練達が新しく日本語であてがったが、それ以前はそういう言葉がなかった。おそらく論理的に説明する必要がなかったのであろう。

 それはともかく、その時にあてがった言葉も素晴らしい。論理、定理、数学、経営、法律、効率などから時計、灯台、鉄道、野球、能力、宇宙などに至るまで、これ以上はないと言えるほどドンピシャの言葉をあてがっている。それらを中国へ逆輸出したことは多くの人が知るところである。

 時代とともに言葉は変わっていく。ここ数年はびこっている「文末ので」を聞くと、身悶えてしまうのであるが、それも世の趨勢というものだろう。日本独自の美しい言葉が日常の会話で使われなくなろうとも、言葉そのものは後世に残していきたいものだ。それは先人から受け継いだ大切な文化遺産でもあるのだから。

 そういうわけで、皆さん、このコラムを熟読して日本語を堪能あれ。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第29話は「いいことは時間をかけないと広がらない」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181010 第848回)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ