多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美を愉しませる工夫

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

美を愉しませる工夫

2018.09.28

 石川県山中での取材のあと、県立九谷焼美術館を案内してもらった。

 私は正直なところ、九谷焼のファンではない。九谷に限らず、信楽、益子、備前、鍋島、伊万里、唐津など焼物のどの産地についても、「好きな作家かどうか」という視点で見ているため、特定の焼き物の産地に思い入れがあるわけではない。

 九谷焼美術館に展示されていた作品についても、企画展(現在の作家による選抜作品)の方が常設展示されていた作品よりも惹かれた。本来なら、常設展示されている作品の方に軍配が上がるのだろうが。

 それよりも、この美術館の佇まいや展示の工夫に感銘を受けた。特に、中庭を囲んだ回廊の見せ方は文句のつけようがない。水が流れ落ちる音が絶え間なく聞こえ、休憩用の椅子があるかと思えば、その前方には借景が広がっている。額縁のように借景を切り取るコーナーもあれば、かなり明度を下げた薄暗い空間で作品を浮かび上がらせている部屋もある。途中、中庭へ出られるような設計の妙も特筆に値する。いったい、だれが全体の指揮を執ったのだろう。

 2階のカフェも素晴らしい。コーヒーを注文したが(味は平凡)、提供の仕方がいい。一人ひとり器が異なるのは当然として(もちろん九谷焼)、それぞれに野の草花がついているのだ。さらにコーヒーのあとに、小ぶりな器に入ったお茶まで供される。九谷焼作品の販売コーナーも雑然とした風がなく、ギャラリーを覗くような感覚で楽しめる。

 面白かったのは、入り口付近にあった来場者がどこから来たのかを調べるための白地図だった。自分の住所がある都道府県に赤いシールを貼るという、よくあるものだが、地元石川県を除けば東京と大阪が圧倒的に多い。東京は赤いシールが整然と並んでいる。私もその列にならって行儀よくシールを貼った。

 ところが大阪のところに目を転じると、シールがめちゃくちゃバラバラに貼ってある。「とにかく大阪のところに貼っておけば文句はないやろ!」と言わんばかりの不揃い具合。これには笑ってしまった。東京は良く言えば行儀がいい、悪く言えば個性がない。大阪は良く言えば自由奔放、悪く言えばだらしがない。東京と大阪についての、ステレオタイプのイメージ通りに赤いシールが並んでいた。

 いたるところに愉しいネタはある。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第28話は「夢と妄想は紙一重」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180928 第845回 写真上は休憩用の椅子から見た中庭。下はカフェで供されたコーヒー)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ