多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ある魔法使いの仕業

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

ある魔法使いの仕業

2018.09.24

 知人が立ち上げた「一般社団法人 日本美術工藝協会」の依頼で石川県加賀市の山中を訪れ、蒔絵師の松山武司さんに取材をした。

 漆器の製作は分業がなされている。全体の工程を把握するため、挽物を専門に行なっている工房、下地塗りと上塗りを専門に行っている工房、そして指物師の工房に伺い、詳しい話を聞いた。

 今回紹介するのは、指物師の髙橋健治さん。指物(さしもの)とは、木を加工して家具や茶道具、その他なんでも作ってしまう魔法使いのことをいう。髙橋さんが作ったものを見ると、「こんなものまで?」と声が裏返ってしまうほどの精巧さ。

 写真右上は琵琶の形をした香合だが、ドラえもんのポケットからさまざまなものが出てくるように、高橋さんの玉手箱から次から次へとユニークな作品が現れる。

 来し方を伺うと、ひょんななりゆきで山中に定住するようになったらしい。名古屋の生まれだが、ある時、背中を傷め、手術を要すると診断された。しかし、なかなか手術の順番が回ってこない。やむなく知人の勧めで、山中温泉にやって来て、日がな一日、温泉に寝そべっていた。しばらくすると、傷は回復したという。

 山中は漆器や木工の名産地、ある日、指物師が作ったものを見て、「これなら俺にもできる」とひらめき、以来、指物師としての人生を歩むことになった。当時、21歳。直感というのは凄いものだ。

 当初は主に茶道具を作っていたが、需要が激減したため、今では一点物の特注品で本領を発揮している。とにかく、「やっかい」かつ「おもしろい」依頼が髙橋さんのもとに舞い込む。それらを嬉々としてこなしているうち、いつしか髙橋さんの顔には愉快な人生をおくっている人特有の表情が貼り付いてしまった(あるいは生来のものかも)。

 世の中、ストレスを抱えた人ばかりだが、職人はどの人も生き生きとしている。そういう姿を見て、職人志望の若者が増えることを願うばかりである。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第28話は「夢と妄想は紙一重」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180924 第844回 写真上は琵琶の香合。下は髙橋さんの工房からの風景。道具と屋根瓦が調和している)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ