多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「世界を変えた書物」展

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

「世界を変えた書物」展

2018.09.16

 東京都美術館で開催されている院展を見たあと、上野駅へ向かっている時だった。上野の森美術館の正面壁に、「世界を変えた書物」展と大きく掲示されている。磁力に引き寄せられるように近づくと、とんでもない書物が多数展示されていることがわかった。しかも、入場無料である! 日本橋での待ち合わせまで時間がわずかしかなかったため、じっくり見ることはできなかったが、圧倒された。東京を歩いていると、こういうことがあるからたまらない。

 1Fは「知の壁」に続き「知の森」、2Fは「知の繋がり」と名づけられている。まさに、その言葉どおりの展示である。ニュートン、コペルニクス、ダーウィン、メンデル、レントゲン、パスカルなど、世界を変えた発見や発明をした偉人の功績を広く世に知らしめた書物の初版本が、所狭しと並べられている。しかも、撮影自由である。

 ショーケースに収められた書物もたくさんあり、それらをじっくり見ていたら時間のたつのも忘れてしまうだろう。2Fはその名のとおり、「世界を変えた」知のつながりを、立体的に表現している。ディスプレイとしてもじつにユニークだ。

 さて、どうしてこれほどの書物が揃ったのか、素朴な疑問はすぐに氷解した。金沢工業大学が所蔵しているのだ。そういえば、8月に登山したあと、安曇野市の美術館で東京工業大学芸術学部写大ギャラリーが所蔵する写真の展示会が開催されていた。上野ではもうすぐ東京藝大が所蔵するコレクション展が開催される。

 大学が持っている知財を一般に開放するのはとてもいいことだ。どんどん取り組んでほし。

 「世界を変えた書物」展は24日まで。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第28話は「夢と妄想は紙一重」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180916 第842回)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ