多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 歴史とモダンを融合させる

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

歴史とモダンを融合させる

2018.08.05

 上野の国際子ども図書館で「楽しい古典籍 おいしい江戸料理本の世界」という講演会が催された。もともと中高生向けの企画だが、一般の大人も参加できた。

 古典籍とは明治以前の書物をいう。そういった古い書物を紐解く専門家がいて、今回はそれらに書かれている江戸の料理を詳細に解説するという主旨だった。

 前日遅くまで飲んでいたうえ、当日の午前中は講義を聴き、その後、お昼を食べたという事情があって、40分も眠ってしまったのは不覚だったが、内容はおぼろげながらにわかった(と言い訳)。

 おもしろいのは、レシピのようなものがあっても、現在のように分量も書かれていなければ調理の時間も書かれていないということ。バッハの時代以前の古い楽譜と同じで、解釈は人それぞれ。だからこそ、仕上がりは百人百様となる。

 と、それよりも驚いたのは国際子ども図書館の建物だ。明治期の建築物で、重厚で荘厳、品格がある。さらに現代建築の粋を加味し、見事に新旧が調和している。エントランスや階段の手すり、外観の一部などを強化ガラスで補強し、元の形や素材のテイストを損なわずに安全性を高めている。裏庭へ行くと、アーチ型のモダンな別館があって、さらに驚く。

 各部屋の装飾や調度品も見事のひとこと。建物だけを見ても飽きない。一緒に行った友人が「ここに泊まりたいなあ」と何度もつぶやいていたが、同感である。

 これまで、日本は歴史ある建築物を壊し続け、新たに建てることばかりをしてきた。現代建築の技術を活かしながら古いものを残すという試みは、東京にはたくさんある。そういう建物を探して歩くというのも興味深そうだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「いい時も悪い時も同じ」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180805 第832回 写真は国際子ども図書館)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ