多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 魅力満載、都一中さん

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

魅力満載、都一中さん

2018.07.12

 なにごとも初体験は良い。

 三味線方、一中節の12代目宗家、都一中さんの「都一中シンポジオン」と浄瑠璃の体験レッスンに参加してしまった。

 どうしてそんなことになったかといえば、今月発売の『Japanist』38号の巻頭対談が都一中さんと中田宏さんの対談で、一中さんの話がとても面白く、興味を惹かれたからだ。

 若い頃、ロックバンドを組んでいて、30代から16年くらいチェロを習うという経験はあるものの(ものにならなかったが)、邦楽にはまったく縁がなかった。しかし、そんな私でもとても楽しめた。一中節と常磐津の違いもなんとなくわかった。浄瑠璃の難しさはさらにわかった。

 このシンポジオン、「一中節が解き明かす、日本の音楽の秘密」と題され、合計6回、新宿駅東口の「柿傳」で行われる。

 

 さて、今回は『Japanist』の記事を先取りし、一中さんの発言からいくつかを抜粋して紹介したい。

「家元というのは一番至らなくていい。家元より優れた人がたくさんいてはじめて流儀が盛んになるのであって、家元というのは何よりも一中節のことを愛し、何か問題があったときに謝ればいいんだと言われた」

「大旦那たちの支えによって一中節は生き残った。彼らは江戸の人で豊かな教養もあった。それに、事業を起こそうと東京に出てきた人であれば、社交界を知る必要があったし、こういうものができないと話にならない。大旦那たちの商売はリベラルアーツがないと成り立たないんです」

「父が僕を早く現場に出したくて、自分の鞄持ちをさせていたんですけど、学生だと舞台に出られないから東京藝大を1年で中退しました」

「見せ場を作らないのが一中節」

「コツはね、音を聞かない。音と音の間、空白に注目すること。空白に音以上の意味があるのが一中節です。たとえば日本のお寺の鐘。これも、次の鐘を鳴らす前の音が消えてから、その消えた後に悟る、消えた後の余韻や余情、そこに深い思いが感じられる」

「宗家を継いだころ、脳腫瘍になりました。頭を開けて手術したんですけど。本当に死ぬかも知れないと思いました。ただ、当時は一中節をやるのがものすごく苦痛だったものですから、CTスキャンをとって、これが脳腫瘍ですと言われたときは、本心からラッキーと思いました(笑)。これで休めるとね。だから、ストレッチャーに乗るのが幸せでした。入院中なんて、この上なく幸せでしたよ。それから3ヶ月くらい仕事を休んでいたのですが、休んでいるということが幸せだった。そのときになにがいけなかったのかと、病気になった原因を考えてみた」

「これからは人に笑ってもらえばいい。あいつバカだなって、バカにされる人生でいい。そのかわり、なにか自分ができることでお役に立ちたいと思いました。あのとき、これからの人生は自分のためじゃなく人の幸せのための人生にしますから、どうか命をつないでくださいって、どこの神様ってわけではないですけど、お願いしちゃいました」

「人の好き嫌いって、していいんだ」

「政治の問題、外交問題などもそうですね。各国とのつき合い方の答えは一中節の中にある」

 ……もっともっと紹介したいのはやまやまだが、このへんで。

 とにかく都一中さん、幅広いリベラルアーツと軽妙な語り口、そして笑顔が素敵。魅力満載の人である。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「人を成長させる原動力」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180712 第826回 写真上は都一中シンポジオンの一場面、下は『Japanist』38号の巻頭対談)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ