多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「なにが足りなかったんでしょうね」

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

「なにが足りなかったんでしょうね」

2018.07.04

 ワールドカップのベルギー戦で劇的な敗戦を喫した後、西野監督はそう言った。

 とても意義深い言葉である。自分の目の黒いうち、日本代表がワールドカップに出場することはないだろうと思っていた身からすれば、世界の16強に入っただけで文句はない。まして、あと一歩でベスト8というところまで行った。強豪ベルギーを相手に、最後まで苦しめたのはたしか。誇りに思っていい。

 しかし、西野監督は冷静にそう振り返った。私は、そういう姿勢が大切だと思う。

 歴史を積み上げていく過程においては仕方がないのだが、足りないものは「経験」だ。ポーランド戦でのボール回しも初めての経験なら、後半開始早々2点をあげ、残り約40分をどう守り切るかという状況も初めてのこと。サッカー界では「2点リードは最も危険なリード」と言われている。1点差であれば緊張感が持続する。3点差があれば、破綻がない限り、追いつかれることはあまりない。しかし、2点差は安全なリードではないにもかかわらず、気が緩みがちになる。

 事実、2点差をつけるまでの日本チームは、一丸となって相手の長所を消すことに成功した。分析班の成果だろう、全員がきわめて高いレベルの緊張感をもって相手の動きを予期し、事前に対処した。

 ところが、乾の鮮やかなシュートで2点差としたところから、色気が出てきた。「あわよくば3点目も」という雰囲気になってしまった。ベルギーが前がかりにくるのはわかりきっている。そういう状況においてガチンコ勝負に出ても、地力で劣る日本が優勢であり続けることは不可能だ。

 案の定、緻密だった連携は徐々に緩み始め、逆にベルギーはチームとしての精度を増していった。

 2点というリードに安住せず、それまでより守りを固め、相手が前がかりになって空いたスペースを突いてカウンター攻撃を仕掛ける。この徹底ができなかった。

 とはいえ、今回の経験は必ず次回に活かせる。こういうことを積み重ねて、強くなっていく。

 敗戦から学ぶ。あれ? どこかで聞いたことがあるような……。そうだ、徳川家康だった。少し前の本ブログでそのことを書いている。やはり、いつの時代も、負けることから学べることは多いのだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「春風に舞うような叱り方」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180704 第824回 写真は、ブラジル・ワールドカップ)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ