多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 進化する日本代表チーム

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

進化する日本代表チーム

2018.06.30

 ワールドカップの日本代表戦を見ている。先日も、夜11時試合開始の試合を見るため、ごていねいに夜8時にいったん就寝。仮眠をとって万全の態勢で観戦に臨んだ。11時から見るのに仮眠をとる必要があるのか、という意地悪な質問は受け付けない。

 最後の試合運びについて、いろいろな批判があるが、あんな光景はワールドカップでは何度も見ている。他会場の動きを見ながらあのような判断ができる西野監督はかなりのリアリズムを有していると見る。そもそもうまくいっているチームのメンバーを6人も入れ替えるなど、相当の覚悟がないとできない。それまでに得点をあげた4人(香川・大迫・乾・本田)、主将の長谷部、センターバックの晶子、走り屋の原口などをはずしたのだ。別のチームで予選最終戦を戦ったといってもいいくらいだ。

 一昔前の日本代表は、こんなに選手層が厚くなかった。左サイドバックの都並が故障したら、代わりの選手がいなかったということもあった。

 次戦の相手は、私が今大会最強と見るベルギー。西野監督がどんな采配をふるうのか楽しみだ。もちろん、次回も仮眠をとってから観戦する(笑)。

 

 思えば、初めてサッカーに魅せられたのは、1974年のある深夜。なにげなくテレビをつけたら西ドイツ対オランダの試合が始まるところだった。西ドイツ大会の決勝戦。この試合のクライフ率いるオランダチームに度肝を抜かれた。当時、私は岡野俊一郎が解説するダイヤモンドサッカーを見ていたので、ヨーロッパの試合にも馴染んでいたと思っていたが、あの試合のオランダは革命的にすごかった。今でこそ全員攻撃・全員守備は当たり前だが、それを初めて形にしたのがあのチームだった。「空飛ぶオランダ人」の異名をとり(もちろん、ワーグナーのもじり)、世界のサッカーの潮流を変えた。

 その後、ワールドカップを見続けた。94年のアメリカ大会は決勝戦をロサンゼルスのスタジアムで観戦した。ま、目の前でバッジョがPKをはずしたのは心臓に悪かったが。

 サッカーを見ると血が騒ぐ。理由はもちろん、明白である。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「春風に舞うような叱り方」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180630 第823回)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ