多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 理解に苦しむ紋章

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

理解に苦しむ紋章

2018.06.26

 先日、友人と飲んでいてキノコ採りの話になった。私も行ってみたいが、ニョロニョロに遭遇するのはかなわない、と。その人は、たしかにニョロニョロはいると言った。そんなわけで、キノコ採りには行けない(冷汗)。

 ニョロニョロついでにアルファロメオのエンブレムの話になった。なんとあのマークは、左側がミラノ市に紋章、右側がミラノのヴィスコンティ家の紋章で、よく見るとわかるが、大蛇が人間をくわえているシーンだ。世界にあまたあるエンブレムのなかでも異彩を放つ図案だ。

 そもそも一民間企業が市の紋章を使うこと自体、異例だろう。さらに、大蛇が人間を飲み込んでいる図など、誰が使おうとするだろう。つくづくイタリア人の感性はぶっ飛んでいると思う。

 ところで、なぜ大蛇か? ネットで調べてわかった。由来には諸説あるらしいが、その昔、ヴィスコンティ家の者が森のなかで大蛇に襲われていた子供を助けたというもの。初代オットーネ・ヴィスコンティが決闘で倒したサラセン人の盾に刻まれていた紋章であったとするもの。後者であれば、殺した相手の紋章を採用したわけでから、これまた理解に苦しむ。

 と、なんとか言いながら、アルファロメオが大好きなのだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「過去と未来と現在、その向き合い方」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180626 第822回 写真はアルファロメオのエンブレム)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ