多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 記憶するということ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

記憶するということ

2018.06.22

 この数年間、さまざまな禅語を覚えているということを何度も書いている。それだけ飽きもせず続いているということだ。現在、全部で424語。コーヒーを飲みながら、20本程度の禅語を書くのが楽しみのひとつである。

 先日、何か他のものを覚えようと思った。本棚に挿してある書物を眺めていたら、真っ先に目に飛び込んできたのが田口佳史先生の『老子道徳経講義』と多田一臣の『万葉集全解』。「老子」は81章、「万葉集」は4000首以上ある。迷った末、万葉集は老後の楽しみ?に残し、「老子」を選んだ。

 始めて3週間くらいになる。「體道第一」「養身第二」「安民第三」まできた。何度も諳んじ、記憶する。しかし、記憶というのは曖昧だ。それをはっきりと脳に刻むため、紙に書く。一字一句でも間違ったら、再度書き直し。そうやって真剣に覚える。

 これによって、新たな世界が広がったような気がする。言葉の微妙な言い回しの違いなど、ふだん何気なく見逃していることにも気づくようになった。なにより、「老子」の言いたいことが以前と比べものにならないくらいわかるようになった(気がする)。

 よく、人は言う。「歳をとると、物覚えが悪くなってねえ」と。

 あれは、嘘八百だ。自分に対する不信任決議だ。愚弄だ。逃避だ。

 脳は使えば使うほど活性化する。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「過去と未来と現在、その向き合い方」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180622 第821回 記憶するということは、暗がりに明かりが灯るようなもの。例えば、東京駅のこんな感じ)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ