多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人生はうまくいくようにできている

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

人生はうまくいくようにできている

2018.06.18

 前掲・西原金蔵氏の取材原稿を書きながら、強烈に思った。どうして彼はあんなにも楽に、自由に生きているのだろう。どうして、ことごとくいい展開につながっているのだろう。

答えはもちろん、彼が自然体で生きているからにほかならない。そのことを表す彼の言葉を羅列してみよう。

 

「自分は甘やかされて育ったから、いつか必ず壁にぶつかると思っていた。でも、ずっと壁はなかった」

 いつか壁にぶつかると思いながら、いつも慎重にことを進めた。その結果、65歳まで壁らしい壁にぶつかっていない。ほんとうは壁にぶつかっているかもしれないが、本人は壁だと思っていなかったという可能性もある。

「菓子づくりの修業らしい修業をしたことがないのに、運良くアラン・シャペルさんに出会えた」

「経営学を学んでこなかったのに、お金の苦労はしたことがない」

 これは超弩級の真理だ。世の中は、その逆で溢れている。

「自分は運がいい。僕はささやかな喜びでも幸せを感じる」

 うまくいく原点なのだろう。

「原価計算はしない。それは売る側の都合だから。その代わり、まずは美味しいものをつくりたい」

 こういうふうに考えられる経営者がどれくらいいるのか。こういう境地から見れば、MBAを取得したなどという話はそのへんに落ちている石ころにも等しい。

「結婚式は仏滅の日にした。厄除けも関係ない。信心深くはないが、自分はなにかに守られている。自然に反しなければ、うまくいくと思っている」

 同感! 私も結婚式の日取りを決める時、「安くなるのなら仏滅がいい」と言った覚えがある。厄除けのことは考えたことさえなかった。

「手にしたいという気持ちを持ち続けると、向こうからやってくる」

「ふつうは努力が要るのに、望んだことはほとんど叶った」

「お客さんから功徳をいただいている」

「朝起きて、今日は嫌だなと思ったことがない」

 同感! 私もずっとそうだ。

 

当サイト「ちからのある言葉」で紹介した松下幸之助の言葉にもある。

「天地自然の理に拠っていれば、自然と成功するものだ」

つまり、よけいなことに惑わされず自然体で生きれば、人生はうまくいくようにできているということだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「過去と未来と現在、その向き合い方」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180618 第820回)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ