多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 足にイボができた男

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

足にイボができた男

2018.05.21

 3週間くらい前、左脚親指の外側に異変を感じた。よく見ると、ぽつんと小さな突起があった。なんじゃこれ? と思って爪で潰そうとしたのがいけなかったのかもしれない。

 それから痛みが増してきた。固まりができて、徐々に広がっている。家人に聞くと、ウオノメではないかと。生まれてからウオノメができたことは一度もない。ウオノメを取る絆創膏のようなものがあるからそれを貼ればすぐに取れると言われ、そうしてみたが、ふやけるだけでいっこうにとれない。そのうち、痛みが増してきた。走る時、無意識にその部分をかばうのか、左脚の他の部分が痛んできた。観念して近くのクリニックへ行った。

 ウオノメではなく、イボだということがわかった(ウオノメとイボは違う)。イボができたのも生まれて初めてだ。そもそもウオノメは凹んだところにはできないとのこと。小さな傷口からウイルスが入り、中で増殖しているらしい。治療法は、液体窒素という超低温度の液体で焼き切るのだという。ただし、1週間以上の間をあけて5、6回の治療が必要だという(写真は、1回焼いた後)。

 大元の原因はわかっている。いい気になってダッシュを続けたからだ。数字というのは麻薬のようなもので、少しでも縮めたいという欲望に駆られる。誰が見ているわけでもないのに、更新したくなるのだ。これは、成長につながることもあるが、自滅することもある。私が行っていた250メートルダッシュは、明らかに後者だ。体が身をもって「そろそろいいかげんにしてくださいよ〜」と訴えてきたのだ。

 素直な私は、体の声を聞き、ダッシュはやめることにした。

 見苦しいものを見せてしまったお詫びに、現在の新宿御苑のバラ園の写真を掲載する。すべてが輝く季節である。

 

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「いい欲と悪い欲」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180521 第813回)

 

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ