多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 風通しがいいということ

風通しがいいということ

2018.05.25

 銀座一穂堂で「齋藤翠恵の書 川端康成に挑む」展が始まった。

 この個展の開催には、私も一枚噛んでいる。今年の2月、一穂堂の青野恵子氏の手引きにより、翠恵氏と会った。その時、彼女が以前書かれた「國」という作品の写真を見て、「川端康成の字に似ていますね」と言ったのだ。数年前に見た、川端康成と東山魁夷のコレクション展に川端の書が展示されていたのだが、まさにあのキャラ同様、極太で力強く、豪胆な書だったのである。その残像が脳裏にあったため、その発言となった。さらには、女手とは思えないという意味も含んでいた。

 その時の会話から、では川端康成がノーベル文学賞を受賞した時の記念講演「美しい日本の私」をテーマにここで個展を開いてはどうか、と話はトントン拍子に進んだ。気の早い青野さんは、「では、5月にやりましょう」と。翠恵氏は来年の5月と思っていたらしいが、「速攻」を武器にする青野さんは今年の5月をイメージしていたというオチもあった。

 なぜ、私が翠恵氏の書に惹かれたか。ひとことで言えば、風通しがいいからだ。人も自然も、そして芸術作品も、風通しがいいものを好む。禅語にも「空門風自涼」というものがある。風通しがいいということは、バランスがいい、偏っていない、なにものかに固執していないとも言える。柔軟であることの背景には、大地のような確固としたベースが必要であることは言うまでもない。

 政治思想もそうだ。共産主義のような、リアリズムのかけらもないような考え方と同様、国粋主義も風通しが悪い。偏って、頑迷だから風通しが悪くなる。頭山満や三島由紀夫を好きになれないのはそういうことだ。私が精神衛生上、快適に過ごしているのは、風通しの悪いものを避けているからだと思っている。

 風通しをよくするためには、さまざまな分野の「美しいもの」に触れていなければならない。ほんとうに美しいものは、偏っていないからだ。

 と思っている。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「いい欲と悪い欲」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180525 第814回 写真上は一穂堂の展示風景。作品は「本来面目」と「雪月花」。下は齋藤翠恵氏)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ