多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 自然は答えを知っている

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

自然は答えを知っている

2018.03.10

〝あの日〟から7年が過ぎようとしている。

 あの日、私は午前中に宇都宮でアポがあったため、朝移動した。午後、そのまま宇都宮の自宅で原稿を書いていた。当時はまだ愛犬パンナが健在だったこともあり、妻とパンナとうーにゃんは宇都宮に住み、私は現在住んでいるところの近くにマンションを借りていた。そう、われわれは〝別居〟していたのだ。

 かつて経験したことのない揺れがきた。パンナは恐怖のため吠えまくり、うーにゃんは猛烈にダッシュした。私と妻も外へ飛び出した。一瞬、うーにゃんを置いてきたしまったことに気づいた(おそらく、捕まえることはできなかっただろう)。

 幸いにも、書斎の本棚から本が落ちた程度で、ほとんど被害はなかった。

 テレビをつけ、津波が町を飲み込んでいく様子を見続けた。作り物の映像を見ているかのような感覚を覚えた。

 5月、私は小さな車を駆って、被災地へ向かった。現場を見、被災地のために何ができるのか、考えたかったからだ。

 言語を絶する悲惨な光景が延々とあった。数百キロにわたって壊滅的な打撃を受けた海岸沿いの町を、茫然と見続ける以外になかった。

 

 震災によって、なにが変わったのだろう。人間と人間の〝絆〟が強くなった……気がしたが、はたしてどうだろう。たしかに瞬間風速的には強まったが、今では元に戻っていると思う。

 原発の安全神話が崩れたのも、大きな変化だ。自然が人間のウソを暴いたのだ。しかし、その後がいけない。原発を否定するのはいいが、こんどは「自然再生エネルギー」という美名を冠した新たな欺瞞がはびこることになる。山の斜面を切り崩し、広大な土地を太陽光パネルで覆い尽くすことが〝自然再生〟なのだろうか。その土地はゆっくり死んでいくだろう。

 エネルギー問題に関していえば、根本的な解決策は、「いかに使用電気量を減らすか」しかない。そのために知恵を絞ろうとせず、ただやみくもに「原発反対」「自然再生エネルギー促進」と声を上げるのは、欺瞞以外のなにものでもない。終電を11時にする(夜は眠ろう)とか、自動販売機の設置を禁ずる(景観も汚い)とか、コンビニの夜間営業に制限を設ける(やっぱり、夜は眠ろう)とか、できることは無数にある。しかし、そういうアプローチで声を上げた政治家や市民活動家や社会評論家を一人も知らない。

 マキャヴェリストでリアリストの私は、もともと全面的に人間を信用しているわけではないが、その傾向は深まるばかりである。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「痛い思いをする前に考えるべきこと」。

 

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180310 第795回)

 

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ