多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 示現流のような仙厳園

示現流のような仙厳園

2017.12.03

 鹿児島市に仙巌園という広大な園庭がある(世界遺産)。島津家の別荘として造られたもので、桜島を築山に錦江湾を池と見立てるという、いかにも九州的な大胆さが特徴だ。

 京都の庭は、繊細な芸術品のような格調と緊張感で「愛でることはできても、寛ぐことはできないな」と思うが、ここはまったくさにあらず。南国の森の中に、あまり肩肘張らず造りましたという大雑把さがいい。広大な敷地には、曲水の庭や展望所、神社、竹林などのほか、もちろん御殿もある。

 入り口近辺に興味深い物がある。幕末期、薩摩藩が自力で造った反射炉の基礎部分である(右写真)。

 欧米列強の脅威に対抗するために大砲が必要だと考えた藩は、オランダ人ヒュゲニンの図面を頼りに、なんと自力で設計図を書き、反射炉建設に乗り出し、早くも2回目で成功してしまうのだ。射炉はドーム型の炉の天井で炎を反射させた強い熱で鉄を溶かし、大砲の鋳型に流し込む施設である。通常の石炭では火力が弱いため、火力の強い石炭を探し出して使っている。

 欧米に対抗するため、オランダの技術を取り入れたというのも興味深い。正確にいえば、「取り入れた」ではなく「勝手に真似をした」であろう。柔軟である。そういえば、薩英戦争で彼の国の力を痛感したのち、薩摩藩は英国に接近し、技術を導入するという柔軟な対応をしている。昭和の軍部とはまるで正反対だ。

 成功の歴史、失敗の歴史それぞれから学ぶことは多い。それを怠った国、組織は衰退あるのみだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(171203 第771回 写真上は製鉄の反射炉。下は水の分岐と水量を調整するための高枡)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ