多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 入手困難な日本のウイスキーが意味するもの

ADVERTISING

美し人
美し人

入手困難な日本のウイスキーが意味するもの

2017.11.25

 ウイスキーが好きな人は気づいているだろう。酒販店の棚に、日本のウイスキーメーカーの主要銘柄がなくなっていることに。

 あるのは安酒ばかり。1,000円〜2,000円のもの。しかし、「山崎」や「白州」や「竹鶴」など、サントリーやニッカの代名詞ともいえる銘柄の姿はほとんど見なくなった。せいぜい「知多」を見かけるていどである。

 詳しい人に聞くと、世界のウイスキーコンテストで抜群の評価を得ている日本のウイスキーは世界中のファンの垂涎の的であり、まとめ買いのターゲットになっているらしい。特に中国の富裕層は高額で大量に買い付けているという。

 それ自体は喜ばしいことである。日本人の仕事が評価されているのだから。

 しかし、本元の日本人がそういう銘柄を入手できなくなったことは、めでたしめでたしでは済まされない。

 私は日本酒党だが、週に一回くらいの割合で体がウイスキーを欲する。そういう時、安く造った酒は飲まない。翌朝、体に残るからだ。朝走る習慣があるため、酒が残っていると如実に体が重いと感じる。

 といって、超高級酒を飲みたいというのではない。せいぜい、「山崎」や「竹鶴」など、それなりの商品だ。しかし、そういうものを求めに行っても、商品棚にないというのは哀しいものがある。

 もしかすると、この現象は、あることの予兆かもしれない。つまり、日本で作ったもの(特に食料)を日本人が入手できなくなる時代が到来するということ。今はコメ余りだが、そのうち、古古米じゃないと買えない日がくるかもしれない。そりゃ、作り手だって、高い価格でたくさん買ってくれる人に売りたいと思うだろうから。

 いつまでも安さばかりを求めていると、やがて売ってもらえなくなる日がくる。そうならないよう、自分で価値を認めたものには、正当な対価を払うことだ。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(171125 第769回 写真はニッカの「余市」と「宮城峡」。たまたまあるスーパーで見つけた)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ