多樂スパイス

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

美しき屋根瓦

2017.10.27

 知多半島から帰って来る途中、「醸造伝承館」なるものがあるとわかり、そこへ急行した。

 聞けば、知多は日本三大銘醸地のひとつに数えられているという。

 醸造といえば、味噌や醤油などの発酵食品だ。それらを製造している合名会社中定商店という会社が、かつての工場を一般公開している。

 休日のせいか、だれもいなかった。しかし、門戸は開いている。伝承館の玄関も開いている。

「では、失礼」と勝手に入る。薄暗くて、展示されている(あるいは無造作に置かれている)道具の詳細はわかりにくい。しかし、雰囲気は伝わってくる。なるほど、こういう場所に発酵のための菌は生息し、健気に助けてくれているのだな、と。

 勾配のきつい、昔ながらの階段を昇り、明かり取りから外を覗いた時だった。目の前に「福田平八郎」がいたのだ。

 というものの、福田平八郎本人がいたわけではない。彼は明治の生まれ。とうにあの世へ行っている。

 福田平八郎の代表作のひとつ、『雨』そのままの風景が目の前にあったのである(写真上がその時に見た屋根瓦。下が福田平八郎の『雨』)。胸がドキンとした。

 

 福田平八郎は好きな画家である。山種美術館で『雨』や『漣』を見たことがあるが、自然の動きをとらえ、本質だけを抽出したシンプルな構成に目が釘付けになった。ずっと見ていたかった。そのまま、現代の先端のデザインに使えると思った。だって、『雨』なんか、屋根瓦を描いて、「雨」なのだという。よく見ると、雨がぽつぽつ降ってきたのだろう、水滴のシミがついている。

 やはり一流の芸術家はスゴイ。画家は絵や造作物で、文学者は言葉で、音楽家は音で、その他の芸術家もそれなりのツールを用い、この世のエッセンスをえぐり出している。

 このところ、ますます現代の世界文学や近現代のクラシックにのめり込んでいるのだが、それはおそらく歳を重ねたことによって、感性が磨かれてきたからだろう。

 それはそうと、私は『日の名残り』以来、カズオ・イシグロのファンだが、今回の快挙は素直に嬉しい。

 今日は何を飲み干そうかと、ワクワクする毎日である。

(171027 第762回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ