多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 台風一過、『Japanist』第35号

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

台風一過、『Japanist』第35号

2017.10.22

 今年の天気はどうも変だ。夏は太陽が隠れ、秋になったと思ったら雨ばかり。おまけに23日は大型台風が巻頭直撃。

 台風が去った頃、『Japanist』の発送作業が終わる。

 

 前号の表紙は、海の光景をソリッドに描いた日本画、今号はノスタルジックな干し柿の絵。いずれもが「日本」らしい。

 巻頭対談は、ベネッセミュージアムの立ち上げから参画し、その後、金沢市長に請われて金沢21世紀美術館の館長になった秋元雄史氏。現在は東京藝大美術館の館長兼教授を務めている。

 文化の成熟とはどういうものか、それが進むにつれてどのような変化が社会に現れるかなどを語っていただいた。

「ジャパニストの美術散歩」では、若き陶芸家・辻村塊氏を紹介している。「えい、ままよ!」とばかり、仕上がりを自然に委ねた豪快な花器など、他の誰でもない、まぎれもなく「辻村ワールド」を築いている。陶芸と釣りをやっていれば幸せという彼の創作観とは?

 今号から連載が始まった日本画家・齋正機氏の「父と僕の記憶鉄道」はそのタイトルの通り、鉄道の機関士だった父と故郷の思い出を叙情豊かに描いている。表紙の作品も齋氏によるもの。絵と文章がみごとに調和している。

「転換期のキーパーソン」では、全国の幼稚園・保育園など幼児教育の施設向けに、遊具や教材などさまざまな商品を提供する株式会社ジャクエツの代表・徳本達郎氏を紹介している。同社は創業100年以上の老舗企業。幼児教育に関する深い思いを語っていただいた。

 その他、他誌にはない独特の記事を掲載している。ご購入は、本サイトのオンラインストアにて。

(171023 第761回 写真上は表紙、下は辻村塊氏の作品)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ