多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

読書する犬

2009.05.10

 我が家に「海」という天才猫がいる話はすでに書いた。

 毎朝7時頃、私の寝室に入ってきて、耳元で「ニャー」と鳴く、目覚まし猫なのである(時々時間を間違えて6時頃起こしにくるのは玉に瑕)。ちなみに休日は起こしにこない。ちゃんと休みかどうかわかっているから。

 もっとスゴイところは、執筆の邪魔をしないことだ。書斎の中までズカズカと入ってくることはない。ただし、一歩書斎を出ると、いきなり駆け寄ってくる。そんな風だから、執筆などで疲れた時は「慰み猫」に早変わりする。両腕をつかまれて大回転、猫背矯正、飛行訓練など、何をされても平然としている。しばらく遊んで気が済んだ後、解放してあげると、さも何事もなかったかのように悠然と歩き始める。

 そうかと思うと、私がソファで本を読んでいる時はすかさず隣に飛び込んできて、ぴったりくっついている。おまえの前世は何者だ? と訊きたくなってしまう。

 とまあ、こんな感じで猫のことを書いているうちに「猫バカ」に成り果ててしまうので、これくらいにしておこう。

 ところで、我が家にはもうおひとかた、ペットがいる。パンナという柴犬だ。「海」は小川のほとりにある田んぼの側溝で拾ったので「タダ」だが、パンナはペットショップで買った。たしか8万円だったと思う。

 この犬は何の訓練も受けていないので、せいぜい餌をもらう前に「お手」をするくらいだが、唯一の取り柄といえば、『竜馬が行く』を愛読していることである。ほーら、写真を見てください。しっかり読んでいるでしょう。

 「日本人は本を読まず、どんどんおバカになっていくけど、少しはこの私を見習って、いろいろなことを学んでほしいワン」とパンナも言っている。

 たしかに、ごもっともである。

(090510 第98回)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ