多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 東京駅創建当時のレンガを使った、美しいギャラリー

東京駅創建当時のレンガを使った、美しいギャラリー

2017.07.05

 前回、東京ステーションギャラリーで開催されている「不染鉄展」について書いたが、今回は東京ステーションギャラリーについて。

 全国いたるところに美術館があるが、だいたいは似たり寄ったり。その土地の歴史を感じさせるとか、独自のコンセプトを反映したものなどはかなり少数だ。
 その点、東京ステーションギャラリーは光彩を放っている。
 東京駅ができたのは、1914(大正3)年、かの辰野金吾による設計だ。東京駅は日本の鉄道の上りと下りの基点となり、いわゆる0キロポストが設置されている中央駅である。
 その後、戦災に遭い、ドームなどを消失したが、外観を創建当時の姿に戻す工事が行われた。地下の鉄骨レンガ造りの下に地下躯体を新設するという鹿島建設の免震工法をなにかの雑誌で読んだことがあるが、「そんなことができるのか!」と驚いた。日本のゼネコンはスゴイ!
(詳しくは、http://www.kajima.com/tech/tokyo_station/index-j.html
 その創建当時のレンガを使い、1988年にオープンしたのが東京ステーションギャラリーである。
 丸ノ内北口改札の前に入口がある。便利このうえない。
 このギャラリーの素晴らしいところは、創建当時のレンガがそのままの姿で使われていることだ。駅の外観はきれいに化粧を施されているが、ギャラリーの内部に使われたレンガは往時を物語っている。なんと、レンガ自体が重要文化財。物というより、生き物だと感じさせる。
 その生き物を背景に、作家によって命を吹き込まれた作品が調和する。
 こういう本物に、じかに触れられるというのは、ほんとうに幸せなことだ。
(170705 第734回 写真上は展示場風景。下は展示場をつなぐ螺旋階段)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ