多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 透徹した目─不染鉄

透徹した目─不染鉄

2017.07.01

 「不染鉄? なんだこりゃ?」

 東京ステーションギャラリーからレセプションの案内が届いたとき、妙な3文字に惹かれた。「没後40年 幻の画家」とサブタイトルが銘打ってあるので、画家の名前なのだろう。どこで区切って読んでいいのか、はたまた3文字セットで雅号なのか、判断に苦しんだ。正解は、「不染」が姓で「鉄」が名前である。僧侶の出とある。なるほど。
 明治から昭和まで生き抜いた人だが、不思議な経歴だ。20代はじめ、早くも日本芸術院研究員となり、スケッチ旅行で訪れた伊豆大島が肌に合ったのか、そこに住みついて漁師同然の生活をおくる。3年後、京都の美術専門学校に入るや首席で卒業。その後も帝展で入選し続けるが、戦後は画壇を離れ、奈良でひっそりと制作を続けた。

 

 画風もまた独特だ。『山海図絵』という大作がある。手前には太平洋が広がっている。海底の岩や泳ぐ魚も見える。その向こうに地上が続き、真ん中にドーンと富士山が鎮座している。その頂は白みを帯び、圧倒的な存在感だ。その向こうにアルプスの山々が連なり、なんとその背景には黒黒とした日本海と漁村まで描かれている。とほうもない俯瞰図だ。
 『山』という作品もすさまじい。さまざまな樹木がひしめきあった山は全体で生き物のよう。『いちょう』(右写真)はいちょうの大木と根元の地蔵菩薩が絶妙なコントラストをなしている。大木に抱かれたお地蔵さん、なぜか樹木葬の果てを連想してしまった。自分が死んだら樹木葬がいいなと思い始めているからか。巨大な廃船が港に浮かぶ『廃船』も一度見たら忘れられない力強さをもっている。
 不染鉄。よほど透徹した目を備えていたのだろう。これまで美術館で開催された回顧展は、21年前の1回だけという。すごい人がいたものだ。
 東京駅舎のレンガを効果的に用いた展示会場もいい。
 8月27日まで開催。
(170701 第733回 写真上は不染鉄。いい顔である。下は『いちょう』)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ