多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 禁断の宮坂ワールド

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

禁断の宮坂ワールド

2009.02.18

 昨年12月に出会った小島伸浩氏(株式会社JL社長、通称:ノブ君)が拙著『多樂スパイラル』をいたく気に入ってくれた。あげくの果て、「このコンセプトを雑誌にしたい!」と構想が一気に膨らみ、来る3月、フリーペーパー『たらく』となってこの世に出ることとなった。

 ノブ君は雑誌の流通業を営む会社の経営をしているのだが、かねてから「モノを運ぶだけではなく、心を運びたい」「損得情報じゃなく、読者の心に響く媒体を作りたい」と思っていたそうだ。時代の流れとしてはドンピシャである。そんなところに私と出会ってしまったものだから、ひとたまりもない。例えて言えば、カラカラに乾いている山と点火剤が出会うようなものだった。ちなみにノブ君は43歳。『Japanist』のマーケティングディレクターでもある。

 ……と、それはさておき、その『たらく』の表紙にテンペラ画家・宮坂健氏の作品を使うことになった。『多樂スパイラル』のカバーも宮坂氏の作品だから、というわけでもないのだが、やはり「多樂」のコンセプトに宮坂健の「なんでもあり的天真爛漫テンペラ画」は最適である。

 そんなわけで、本日、創刊号の表紙に使う作品のポジを借りるため、宮坂氏のアトリエを訪れた。鹿沼市の黒川という川のほとりに自宅兼アトリエがある。

 アトリエに入るなり、またまた土器が増えていることに気づいた。宮坂氏は知る人ぞ知る、旅の達人であり、古代土器の蒐集家でもある(『fooga』に骨董・土器の連載をしている)。

 宮坂氏が席をはずしている間、奥さんがコーヒーを淹れてくれたのだが、開口一番、「私はもう『fooga』に載っている主人の文章を読んでいないんですよ。だって、あれ、骨董でしょう?」。

 私は真意がわからず、きょとんとしていた。

 「この前、主人の教室を覗いたら、骨董がたくさんあってビックリしたのよ。夜中、ゴソゴソと何をしているのかなと思ったら、箱から骨董を取り出していたり……。この部屋だって、骨董ばかりでしょう?」

 早い話、奥さんは夫の骨董好きを喜べない状態になっているのだ。蒐集家の夫をもつ奥さんとしてはありがちなパターンである。画家としての夫は尊敬するし、旅行家としての夫にも理解しているつもり。でも、どうしてわざわざ3000年以上前の古い土器を買い集めて所狭しと並べているのか、さっぱり理解できないわ、ということなのだと思う。私は蒐集家ではないが宮坂さんの気持ちがわかるし、奥さんの気持ちもわかる(意外にものわかりがいい?)。

 そのうち、奥さんと入れ替わりに宮坂さんが戻ってきた。

 「宮坂さん、ずいぶんコレクションが増えましたね」と呼び水を打った。

 「もうビョーキだからね。キリがないし、お金もかかるし、いつかは足抜けしたいと思っているんだけど、なかなかできないんだよね」などと言いながら、ひとつひとつ土器を取り出し、説明が始まる。

 これは紀元前1500年頃のペルシャの土器で……、これは縄文時代の火焔式土器で……と、その背景にある文明史まで含めて、話し始めたらどうにも止まらない。立て板に水、とはこういうことを言うのだな、と思いながら適度に相づちをうつ。恐るべき博識である。宮坂さんは骨董・土器そのものだけではなく、背景にあるストーリーも好きなのだ。

 「これだけ増えちゃうと、どれが新しく買ったものでどれが前からあるものかわからないよ。よっぽど変わったものを買わない限りはね」

 いくら新たに買っても奥さんには知られていない、と思いこんでいる様子だった。

 それを聞きながら、人間て奧が深いなーとしみじみ思った。好きなのに、いつかは足抜けしたい。つまりは懊悩している。多彩な色を使って楽園やら宇宙やら架空の世界を描き続ける画家は、古代土器の魔力に取り憑かれ、もうどうにも手の施しようがないのである。

 でも、大丈夫、宮坂さん。

 「それでいいのだ!」

 バカボンのパパなら、きっとそう言うに決まっている。

(090218 第87回 写真は300号の大作を制作する宮坂健氏)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ